Sweetness

「お前、来年は大学入試だな」
 フォースタスが訊く。そう、私は来年試験を受ける。
 私たちは稽古途中の休憩で街に出ている。鮮やかな黄金色のイチョウ並木を歩いている。街では私のセカンドアルバム『Sweetness』からの同題のシングルカット曲が流れている。このシングルやアルバムが出てからの私は、ミュージシャンとしてはしばらく休業する。そして、舞台「ファウストの聖杯」の公演が終われば、私は受験勉強に専念する。
「うん、アヴァロン大学文学部」
「え、ひょっとして俺と同じ中国文学科?」
「違う、英文学科よ」
「そうか、頑張ってくれよ。無事に合格出来たら、俺と一緒に暮らそう」
「え!?」
 私は驚いた。フォースタスは顔を赤くしながら、私と同じくらい戸惑いつつ言う。
「俺たち、婚約してるだろ? その…予行演習としてさ、俺と一緒に家を買って暮らさないか? もちろん、高校を卒業してからさ」
 私はフォースタスの目をじっと見つめていた。涙が流れる。フォースタスの目も潤んでいる。
「今までお前につれなくして本当に申し訳ない。今までの分を取り戻すように、お前を大事にする。一緒に暮らそう」
 私はフォースタスに抱きついた。フォースタスは私を抱きしめた。そして、私のあごに手を添えて、キスをした。初めてのキス。嬉し涙でしょっぱかったけど、心は曲のタイトル通り「sweetness」だった。

 私たちのその様子が芸能ニュースとして広まっている。でも、もう隠す必要はない。私たちは事務所を通じて、世間に婚約を発表した。
 その効果もあってか、舞台『ファウストの聖杯』に対する注目度も上がった。前売り券は早く完売し、シャーウッド・フォレストに対する注目度自体も増していった。
「いやぁ、お前らには感謝しているよ!」
 スコットがフォースタスに冗談めかして言う。フォースタスは苦笑いしている。
「俺にも新しいドラマのオファーが来たし、これからドンドン忙しくなるぜ」
「俺も今、新しい小説書いているけど、以前のスランプが嘘みたいだ」
「ふーん、次はどんなネタ?」
「古代中国だよ」
 今フォースタスが書いている小説は、中国・戦国時代の秦の宰相、商鞅しょう おうが主人公の話だ。タイトルは『Blasted』というが、これはメアリー・シェリーの『フランケンシュタイン』に由来する。自らが作り上げたものによって破滅するファウスト的ヒーローの話だ。そして、主人公の名前はアガルタのバールで大統領のSPのシャン・ヤン(Shang Yang / Yang Lycurgus Shang)さんの名前の由来でもある。
「面白そうだな。また舞台化してみたいな」
「『聖杯』よりも合戦シーンが多いぞ」
「まあ、実際に読んでから考えてみるよ」
「はーい、みんな。ドーナツの差し入れよ!」
 ナターシャがみんなに呼びかけた。
「いただきま〜す!」
「おいしい!」
「ああ、ありがたいな」
 私は生クリームたっぷりのドーナツにかぶりついた。稽古で消耗したエネルギーを取り戻す甘味。私はアイスカフェラテを飲んだ。
 フォースタスはチョコがかかっているドーナツを食べている。彼は窓を眺め、空を見上げている。その眼差しは真剣だ。
 いよいよ舞台『ファウストの聖杯』の公演が始まる。フォースタスはギターケースに目をやり、つぶやく。
「生演奏で歌う。緊張するな」
 私は劇のエンディングテーマを作った。フォースタスはこの曲をギターで生演奏し、私たちはデュエットで歌う。スコット演じる久秀の自害シーンに次ぐ、最後の山場。フォースタスは昔、ギターを弾いていたけど、しばらくは演奏していなかった。私はそんなフォースタスのギター演奏のリハビリに付き合った。彼はみるみるカンを取り戻し、単なる素人以上のレベルにまで達した。
「どうだ、フォースタス。バンドやらないか?」
 他の俳優さんが訊いた。この人もバンド経験者だという。フォースタスは答える。
「うーん、どうしようかな? この舞台が無事に終われば本業に専念したいんだけどね」
 フォースタスは照れ笑いした。

 私は改めて劇の台本を読み返す。この話はアーサー王伝説の「永遠の三角」が元になっている。しかし、私が演じる緋奈は、グィネヴィアよりもむしろアストラットとコーべニックのエレインたちに近いキャラクターイメージだ。もっと深読みするならば、ゲーテの『ファウスト』でのトロイのヘレナではなくグレートヒェンだ。
 ヘレナ。そうだ、あの人、フォースタスの初恋の人の名前はヘレナだった。
 いつかブライアンから見せてもらった、フォースタスやヴィクターらと一緒に映っている写真の、プラチナブロンドの髪に空色の目の女の子。今の私と瓜二つの人だった。私は自分がフォースタスにとってこの人の身代わりに過ぎないのかと悩んでいたけど、今は吹っ切れている。私はあくまでも私自身であって、他の誰かの代わりではない。
 緋奈はグレートヒェンよりも「強い女」のイメージが強いキャラクターだ。その可憐さとは裏腹に毅然とした意志と鋭い知性を持っているし、決して「弱い」女ではない。そんな彼女はグィネヴィアと同じく二人の優れた男たちに愛される。
 果心と久秀、どちらがアーサーでどちらがランスロットか? いや、それは物語の本質とは関係ないだろう。

「ヒナ」に「ヒサヒデ」という名前で思い出した。アガルタのマツナガ博士のフルネームは「フォースタス・ヒサヒデ・マツナガ」、つまりは『ファウストの聖杯』の準主役である松永久秀に由来する。そして「ヒナ」とはマツナガ博士の恩人であり初恋相手であった女性と同じ名前だ。
 私もフォースタスも博士からその女性の話を聞いている。博士が今まで生きてきた中で最も真剣に愛していた恋人。その人のフルネームは「ヒナ・アスターティ・マツナガ(Hina Astarte Matsunaga)」という。苗字はたまたま博士と同じだけど、もちろんバールである博士との血縁関係はない。ファーストネームはハワイやポリネシアの月の女神に由来し、ミドルネームはシリアやフェニキアの星の女神に由来する。私の「アスターティ」という名前はこの人のミドルネームにちなんで名付けられたのだ。そして、私のフォースタスの名前はフォースタス・マツナガ博士からいただいたものだけど、アヴァロン連邦初代大統領アーサー・フォーチュン(Arthur Faustus Fortune)のミドルネームでもある。
 せめて名前だけでも一緒にありたい。博士のささやかな願いが私たちに託された。遊び人を演じているあの人の密かに純情な面が私たちの名前に隠されているのだ。
『ファウストの聖杯』の緋奈にはマツナガ博士の恋人だったヒナさんのイメージが託されているのだろう。

 いよいよ来週、『ファウストの聖杯』が開演する。