謎の美少女

 舞台『ファウストの聖杯』の全公演は無事に閉幕し、私は大学入試に備えて学業に専念する。セカンドアルバム『Sweetness』の売れ行きは順調だが、私はメディアでの露出を控える。
 私は月に一度アガルタに検診に行くが、マツナガ博士は今回、ある人を紹介した。
「実験動物のエリアにいるリチャード・タヌキコウジ(Richard Gareth "Ritchie" Tanukikoji)だ」
「初めまして、こんにちは」
 タヌキコウジ(狸小路)という奇妙な苗字の若い日系人の男性獣医師が挨拶した。この人はどことなく、私のバックバンドにいるジミー・フォスファーに雰囲気が似ている。文化系の優男、そんな雰囲気だ。
 タヌキコウジ博士、いや、呼びにくい。リチャード博士は私に「君に合わせたい人物…いや、犬がいる」と言った。犬? なぜ犬なのだろうか? よく見ると、リチャード博士の足元に一匹の犬が座っていた。オスの白いミニチュアブルテリアだ。
「この子は人間並みに知能を高めたサイボーグ犬だ。彼は喉に組み込まれた装置で人間と会話が出来るんだ。彼自身も君に興味があるんだよ。メフィスト(Mephisto)、挨拶だ」
「初めまして、こんにちは」
 その犬、メフィストは電子音声で挨拶した。まるで市販の犬型ロボットのようだが、この犬はまごう事なき生きた犬だった。マツナガ博士はニンマリ笑いながら言う。
「俺がこいつに名前を付けたんだ。ファウスト博士にはメフィストフェレスが必要だからな。お前、高校を卒業したら坊主ラッドと暮らすんだろ? お前らにこいつの『モニター』になってもらうぞ」
 メフィストは私への好意を示すように尻尾を振っていた。

 私たちは実験動物エリアに行った。様々な動植物が集まるところだが、そこには犬たちの訓練所があった。
「俺は初歩的な訓練は受けている」
 メフィストは言う。ここは盲導犬などの介助犬や警察犬、麻薬探知犬や軍用犬らが訓練するエリアだ。
「あんたら人間が使う香水などの匂いについても勉強しているけど、香水の種類は男女で違うだろ? 世代の違いもある。それに、元々の体臭の違いもあるし、体調次第でも様子が違う」
 私はメフィストにそう言われて、自分の体臭が気になった。ここに来る前にシャワーを浴びたし、コロンを付けている。メフィストはさらに言う。
「あんたには不快な体臭はない。体臭は穏やかな方だけどいい匂いだよ。そのコロン、百合の香りがベースでしょ?」
 そう、私は百合の花の香りが好きだから、百合の香りをベースにしたコロンを愛用している。ミヨンママはそんな私をイメージした香水の発売を企画しているが、さらに邯鄲トイズから私をモデルにした着せ替え人形を発売する企画もある。
 その人形が発売されるのはおそらく再来年だ。
 リチャード博士は言う。
「僕は来年、チャオ君の家の近くにクリニックを建てて住む。この子の定期的なメンテナンスのためにも、近くにいた方がいいからね。もちろん、表向きは普通の動物病院として開業するし、一般の患畜も診るよ」

 私とマツナガ博士はリチャード博士とメフィストに別れを告げ、ミヨンママが待つ応接室に向かった。廊下を歩きながら博士は言う。
「ロクシーだったらいかにも濃厚な匂いの香水を好みそうだな」
 私はロクシーと共演した時を思い出した。彼女に挨拶した時、確かに「ある種の」女性を連想させる濃厚な匂いを漂わせていた。実際の香水の匂いだけではない。「女」としての匂いが強烈なのだ。
「ロクシーはモデル時代から虚名臭かったが、それをごまかすような香水を好みそうに見えるんだ。俺はあの女の過去を知らんが、あいつには間違いなく『影』がある」
 私がロクシーを嫌いになる前から、博士は彼女を嫌っていた。海千山千の博士の事だから、過去の経験に基づいて彼女のような女性を嫌っているのだろう。
 私たちが応接室に入ると、ミヨンママが深刻な表情をして待っていた。
「アスターティ、大変よ。あの子、ヒルダが大変な事になっているのよ」



 ミヨンママが言うには、ヒルダの両親の離婚が成立したという。しかし、ヒルダは両親から離れたいので、ミヨンママに連絡を取り、マロリー法律事務所の弁護士に相談した。
 ミヨンママは弁護士たちと共にヒルダの両親と話し合い、彼女を引き取る事にした。私は高校を卒業するまで、ヒルダと共にヴィスコンティ家で暮らす。ミヨンママは邯鄲ドリームの所属ミュージシャンの卵としてヒルダを預かる事になった。
 そして、年が明けた。
 これから大学入試が待っている。ラストスパートだ。
 私は一生懸命勉強した。フォースタスとはしばらく会っていない。試験に合格するまでの辛抱だ。今の私は芸能活動を休んでいるが、今時の芸能ニュースはあえて見ていない。だから、最近、どんな歌手がデビューしたのかを知らない。
「アスターティ、差し入れだよ!」
 ヒルダがおやつを持ってきた。以前の舞台稽古の休憩時間に食べたのと同じ店のドーナツだ。そうだ、休憩だ。
「やっぱりおいしい〜!」
「あたし、このチョコが好きだな」
 ヒルダはあの時フォースタスが食べていたのと同じドーナツにかぶりついていた。険悪な関係の両親から離れたこの子は精神的に安定しており、本来の無邪気さを取り戻していた。中学校でも特に問題はないようだし、この子が家に連れて来る女友達も信用出来そうだ。
 ヴィクターはミナと結婚して以来、この家に住んでいるが、二人は今、会社にいる。二人の息子アイヴァン(Ivan Bradley Visconti Chao)は邯鄲ホールディングスビルの中にある保育所に預けられている。シリル父さん…邯鄲ホールディングス会長のシリル・チャオ氏にとっては目に入れても痛くないくらいかわいい孫だ。

「あたし、あんたと同じ『ビッグ・アップル』の試験を受けるよ」
 ベリンダが言う。「ビッグ・アップル」とは元々かつての地球のニューヨークの別名だったが、現代のアヴァロンではここアヴァロンシティの別名だ。しかし、ベリンダの言う「ビッグ・アップル」とはアヴァロン連邦最難関の大学であるアヴァロン大学の事だ。
「経済学部に行くつもり。無事に入って卒業出来たら、邯鄲ドリームに入ってみせるよ」
 私は驚いた。まさかベリンダが邯鄲ドリームへの就職を考えていたとは。
「社会人になってもあんたとは身近な関係でいたいからね」
「ありがとう、ベリンダ」
 私はベリンダの言葉を思いだしながら机に向かう。ここ、試験会場には私たちと同じ高校の生徒たちが何人かいる。
 アヴァロン大学はその名の通り、この惑星を代表する大学、すなわち世界の最高学府だ。当然、各地から受験者たちが集まっている。かなりのプレッシャーだ。しかし、負けられない。

 全ての科目の試験を受け、私は会場を出た。手応えはあった。しかし、この惑星全体から選りすぐりの受験者たちが集まっているのだから、油断は禁物だ。
「アスターティ!」
「ベリンダ!」
 私たちは合流し、カフェに向かった。
「前祝い…って、気が早いか」
「うーん、さすがにねぇ…」
「大丈夫、あたしら絶対に合格する!」
 ベリンダは冗談半分で強気に言ったが、それでも内心不安のはずだ。もちろん、私も不安でいっぱいだったが、ベリンダの励ましで何とかなる気がした。
 私たちがカプチーノを飲んでいると、私たちと同じくらいの年頃の女の子が入ってきた。黒いショートヘアの美少女。何だかモデルみたいだ。
 それで私は思い出した。今の私はあえて芸能ニュースを見るのを避けていたので、最近の芸能人についてよく知らない。以前、初めてロクシーを見かけたように、彼女も芸能人なのだろうか?
 問題の彼女は一人だ。もしかすると、私たちと同じく入学試験の帰りかもしれない。ならば、運良く合格して入学すれば、キャンパスで彼女を見かけるだろう。彼女は一人、私たちから少し離れたテーブルの席につき、飲み物とケーキを注文した。
「あの子、付き人がいないのね」
「付き人?」
「あれ、あんた知らないの?」
「誰?」
「ロクシーと同じ事務所にいるモデルよ。そのうち歌手デビューするらしいけど」