舞台『ファウストの聖杯』前編

 10月、すっかり秋だ。ついに今日、問題の劇『ファウストの聖杯』が開演する。私の女優としての初仕事であり、フォースタスと私の関係も含めて色々と話題になっていた。
 私はマリリンとベリンダにチケットをあげたが、スコットはフォースタスの親友ランスにチケットを贈っていた。どうやらスコットはマツナガ博士と色々相談して、ランスとフォースタスを和解させようと目論んでいるようだ。もちろん、スコットは博士にもチケットを贈っている。
 それにしても、なぜマツナガ博士はスコットと知り合ったのか? 博士の人脈は何とも謎だ。
 マリリンにあげたチケットはルシールとフォースティンの分もある。ジェラルディンはスケジュールの都合上来られないという。私がルシールとフォースティンを招待したのは、閉幕後、楽屋に来てもらいたいからだ。問題はランスだけど、何とかフォースタスを許してもらいたい。
 緋奈役の私は長い黒髪を後ろで束ねたカツラをかぶっている。私は赤い着物を着ているけど、他の役者さんたちもかなり凝った衣装を着ている。
「ミュージシャンとしてステージに立つのとはまた別の緊張感があるわ」
「いつもとは別の戦場か…」
 久秀役のスコットは微笑む。この人の笑顔には常に頼もしさがある。フォースタスもスコットの笑顔に勇気づけられたようだ。
「さあ、いよいよ出陣だ」

 舞台の幕が開く。



 冒頭、何人かの役者さんたちが見事なダンスを披露する。これは地球のジョージアグルジアの民族舞踊を元にした振り付けだ。その背後に、一人の男が現れる。

「登りつめた龍には後悔がある。もう、それ以上は登れず、あとはただ墜ちてゆくだけだからだ」

 フォースタス演じる妖術使い、果心居士が幻術を披露する。彼は知人からある男を守るように頼まれた。その男がスコット演じる武将、松永久秀だった。
 久秀は戦国の群雄の一人三好長慶の寵臣だったが、その有能さと主君からの信頼で他の者たちに妬まれていた。この『ファウストの聖杯』における久秀とは、他人からの妬みによって「梟雄」の汚名を着せられた人物である。
 しかし、この物語での久秀の「梟雄」イメージは全く根拠のないものではなかった。フォースタスとスコットとナターシャが作り上げた久秀は自由奔放な男で、ある種のロックスターのようだった。彼は少年時代に受けた屈辱への復讐の如く、気ままに振る舞った。

「俺は誰のものにもならない。俺は俺自身のものだ」
「なるほど、それでこそお前だ」
「お前もだろう?」
「俺は己が分からん。どれだけ生きていようが、俺自身が一番の謎だ」
「果心。お前は千年以上も生きている古狐なのに、何ともかわいらしい子狐だな」
「久秀、それはどういう意味だ?」
「お前自身、分かっているだろう?」

 彼は若い頃、緋奈という名前の美しい妻がいた。彼女は母親の再婚相手である継父から性的虐待を受け続けたのを苦にして家出した。そして、遊女となって久秀と出会い、久秀は緋奈の兄や果心の助けで彼女を身請けし、彼女を妻にした。しばらくは幸せな結婚生活を送っていた二人だが、緋奈の美貌に執着する継父が彼らのところにやって来たので、久秀はこの男を斬り殺してしまった。夫に舅殺しの罪を犯させてしまった緋奈は苦しみ、自害してしまった。彼女のお腹の中には久秀の子供がいた。
 この緋奈の同父同母の兄が、果心に「久秀を守ってくれ」と依頼した。緋奈の兄は久秀と同じく三好家に仕える忍びの者だったが、久秀は最初はなかなか果心に対して心を開かなかった。しかし、果心の必死の説得によって、久秀は果心を信頼し、生涯の友とした。
 そんな果心は知らず知らずのうちにややこしい事態を持ち込んでしまった。彼はある海岸で女の赤ん坊を拾った。そして、知り合いの家にその子を預けたが、彼はその子に「緋奈」と名付けたのだ。その時の彼は、それが久秀の最初の妻と同じ名前だと思い出さなかった。この娘、緋奈は成長していくうちに果心に恋い焦がれるようになる。成長した緋奈は果心に自らの思いをぶつけ、二人は結ばれる。しかし、果心は彼女の思いの強さに戸惑い、耐えきれず、ついには彼女を久秀に譲ってしまった。

「すまん、許せ!」
「お前、どういうつもりなんだ!?」

 果心は二人のもとから去っていった。