舞台上のロビン・フッド

 9月、新学期。私は相変わらず、仕事と学業の両立で忙しい。ルシールやフォースティンともメールのやり取りをたまにするだけだ。
 あれ以来、ヒルダは来ない。電話やメールも来ない。何の問題もなければ良いが、気になる。
 私はロクシーと共演しなくなった。どうやら、彼女の所属事務所がテレビ局に圧力をかけたらしい。ロクシーの共演NGリストに私の名前が挙がったようだ。そして、放送作家としてのヴィクターも彼女とは関わらない。
 ロクシー…ロクサーヌ・ゴールド・ダイアモンド。彼女は芸名通りに輝くスターだ。まるで沈まぬ太陽のように。彼女は歌だけでなく、映画も大ヒットしている。彼女が表紙を飾るファッション雑誌もすぐに売り切れる。大手芸能事務所に所属しているから有利なだけだと批判する人も少なからずいるけど、決してそれだけではない。
 彼女自身のギラギラした野心が彼女をショービジネス界の「太陽女神」として輝かせているのだ。彼女に近づくと焼け焦げて蒸発しそうだ。彼女の恋愛ゴシップの相手になった男性有名人たちも、彼女の前では燃えカスのようだ。
 私は、そんな恐ろしい人を敵に回してしまったのだ。

「フォースタス、あなたに逢いたい」
 私は一人、自室で物思いにふけっている。そう、あの人を思う。
 フォースタス・チャオ。
 私が子供の頃から恋焦がれていた人。あの人と私が婚約したのは、研究機関〈アガルタ〉の計画に基づく「実験」だけど、私にとっては、そんな事などどうでも良かった。
 私がまだ幼いうちは、あの人は優しく接してくれた。しかし、あの人は徐々に私と距離を置くようになった。
 他に好きになった異性がいたから。もちろん、あの人は私に何も言わなかったけど、私は他の「女」の影を感じていた。
「私がフォースタスを好きなのは、計画なんて関係ない。ただ単に、あの人が好きなだけ」
 もう16歳。いや、まだ16歳。このもどかしさ。私はますますいらだつ。
 ただ、不幸中の幸いは、私があの人の存在以外に生き甲斐を持っている事だ。他のバールたちが私利私欲抜きで縁の下の力持ちの仕事をしているのとは対照的に、私は自分がやりたい事を仕事にしている。
 そう、他の人造人間たちには許されない生き方を、私には認められている。しかし、私の正体は、世間ではトップシークレットなのだ。
「確かにあんなひどい事はあったけど、私はあの人を嫌いになれないし、なりたくない」
 私は、部屋の灯りを消し、布団に潜り込んだ。せめて、夢の中では最愛の人に逢いたいのだ。



「今日からフォースタスがウチの所属タレントになるのよ」
 私は驚いた。
「ブライアンがあの子のマネージャーよ」
 私は信じられなかった。しかし、それは本当だった。邯鄲ドリームの所属タレント名簿に、新たにフォースタス・チャオの名前が加わった。
 しかし、ヴィクターもミヨンママも、私たちに対する配慮なのか、私たちを会わせなかった。

「ごめんなさいね、アスターティ」
 私は久しぶりにアガルタに行った。一通り検査を受けてから、ミサト母さんに会いに行った。ミサト母さんは言う。
「私たちの身勝手のせいであなたを苦しめたのね」
「いいえ、そんな事はないわ。私、フォースタスを責めるつもりはない」
「ありがとう、アスターティ。あなたが許すなら安心だけど…」
 ミサト母さんは窓の外を見る。外は紅葉とイチョウ並木で暖色系に染まっている。
 ここ、アガルタは研究者やバールたちやその他職員だけでなく、退役軍人たちもいる。退役軍人たちはここアガルタ特別区で第二の人生を歩んでいる。いつか、ゴールディが私に手作りアクセサリーをくれたけど、材料を売っている手芸店のオーナーも退役軍人だという。
「ゴールディやアスタロスも忙しいから、なかなかあなたに会う機会がないわね」
「挨拶をしたかったけど」
「そうだ、挨拶といえばマツナガ博士がいるけど、会いに行ったかしら?」
「いいえ、まだ会っていないわ」
「あの人もあなたを心配しているわ。会いに行ったら?」

 私はマツナガ博士の部屋に行った。
「失礼します」
「よく来たな、入れ」
 マツナガ博士はモニターで、ある劇団の演目を観ていた。
「シャーウッド・フォレストという劇団だ。ここの主宰者はあいつの大学時代からの友達なんだが、こいつらは見どころのある奴らだよ」
「あいつ」。あの人、フォースタス・チャオの事だ。
「この主宰者のスコット・ガルヴァーニ(Scott Gavin Galvani)という男は時々テレビドラマに出てるな。なかなか演技がうまいぞ」
 スコット・ガルヴァーニ。そうだ、思い出した。何度かドラマで見た事がある役者さんだ。しかし、この人がフォースタスの友達だとは知らなかった。
「どうだ、お前? 役者の仕事に興味はないか?」
 私は博士の質問に意表を突かれた。
「そんな事は思ってもいませんでした」
「なるほど、『です』ではなく『でした』か…面白い」
「ドクター、それってどういう意味ですか!?」
 私は博士が何を言いたいのか分からなかった。それに、博士は何かを企んでいるようで、何だか不安だ。
「ハッキリ言って、俺はロクシーが嫌いだ。あの女は虚名で武装しているが、あいつは何か重大な秘密を隠し持っているぞ。まあ、俺にとっちゃどうでもいい事だが、あいつの事務所の妨害に負けないように気をつけな」