桜吹雪の季節

「やっぱり桜ってきれいね」
 アヴァロン連邦暦345年、4月。桜吹雪の季節が来た。私は今年も、セントラルパークの桜並木の写真を撮っている。かつては地球の日本の象徴だった花。淡いピンクの雲のように、セントラルパークを埋め尽くしている。
 公園には、何組かのカップルがいる。家族連れもいる。ペットと散歩している人たちもいる。いずれも「人間」。そう、普通の「人間」だ。
 私も表向きには普通の人間として生きている。しかし、本当は違う。
 バール(baal)。人工子宮から産み出される人造人間。私、アスターティ・フォーチュン(Astarte Fortune)はアヴァロンシティの内陸部アガルタ特別区にある研究機関〈アガルタ(Agartha)〉の人工子宮から産まれた人造人間なのだ。
 私たちバールは、人間たちの「錬金術」の産物だ。どれだけ優れた資質の人間を産み出せるか、どれだけ肉体的な若さを保てるか? かつての地球人たちの夢から産まれたのが、私たちバールだ。
 アガルタ生まれの「官製」バールたちは、兵士や警察官や看護師として使われる。その姿はほとんど普通の人間と変わらない。私の髪はプラチナブロンドで、目は空色だけど、普通の人間の北欧系白人の女の子と変わらない姿だ。しかし、裏社会とのつながりのある民間企業が産み出すバールたちは、目や髪の色が人間離れしているのが多いらしい。さらに、手術で耳を猫や妖精エルフのような形に変えたり、猫などの動物のような体毛や尻尾を体中に移植される人たちもいるという。
 そのように人間離れした姿形に作り出されたバールたちは、違法な性風俗産業で使われるそうだ。さらに、一部の富裕層が道楽でそのようなバールたちを手にいれて「かわいがる」らしい。私、そのような境遇でなくて良かったな。
 私は今、学校で軽音楽部にいる。なぜなら、私はプロのミュージシャンを目指しているからだ。そう、私はアガルタの先輩たちには許されなかった「自分の望み通りの」生き方を許されている。
 その代わり、私には重大な使命がある。それは、私自身のもう一つの夢でもある。
「フォースタスの新作」
 カメラ付き携帯電話で一通り写真を撮り終えた私は、ベンチに座って本を読みながらミルクティーを飲んでいたけど、家でじっくり読んだ方が良いと思って、バッグに本をしまい、ミルクティーの空き容器をゴミ箱に入れた。この小説の作者こそが、私の大切な人なのだ。

 私は、アヴァロンシティのアガルタ特別区にある研究機関で産まれた。アガルタにある人工子宮には、地球の神話に登場する大地母神の名前が付いている。私と弟アスタロス(Astaroth)は「アシェラ(Asherah)」という名前の人工子宮から産まれた。そして、私の名前は古代フェニキアの女神に由来し、弟の名前はその女神を元に作られた悪魔に由来する。
 アスタロスは、私の2歳下の弟だ。しかも、遺伝子上でも血のつながっている「実の弟」だ。私とアスタロスが並ぶと、双子のように似ている。
 しかし、私は6歳になってからアガルタを出て、「人間」として暮らし始めた。私の里親となったのは、アガルタの研究者の一人である「お母さん」ミサト・カグラザカ・チャオ(Misato Kagurazaka "Misa" Chao)博士の親友である「ママ」ミヨン・ムーン・ヴィスコンティ(Miyoung Moon Visconti)女史だ。
「ママ」ミヨンさんは芸能事務所「ゴールデン・アップル(Golden Apple)」の社長だ。私は、ミヨンママの下で色々と勉強する事になった。私は「人間」としての戸籍を得て、「アスターティ・フォーチュン」という名前の人間として暮らしている。私はミサト博士を「お母さん(Mother)」、ミヨンさんを「ママ(Mom)」と呼び分けている。私にとって二人は「人間としての母親」なのだ。
 私は、ミヨンママの実子であるミナ…カーミナ(Carmina Stella "Mina" Visconti)とブライアン(Bryan Luke Visconti)と一緒に暮らし始めた。この二人は私にとっては義理の姉と兄だ。ただし、私は正式にヴィスコンティ家の養女になったのではない。私はあくまでも「アスターティ・フォーチュン」という個人だ。

「どうだ、アスターティ。お前も弾いてみるか?」
 私がアガルタを出る前の日、アガルタの研究者の最長老、フォースタス・マツナガ博士(Dr.Faustus Hisahide "Hisa" Matsunaga)は言った。私とアスタロスは、博士のピアノの演奏に聴き惚れていた。
 私の隣にいる人も、目を閉じて感動していた。
 フォースタス・チャオ(Faustus Shota Chao)。ミサト博士の息子で、私より10歳年上。この人の名前はマツナガ博士にあやかって名付けられた。そして、この人は私の婚約者だ。
 私の外界での「使命」とは、この人との関係だ。
 私たちバールは、本来ならば生殖能力を持たない。いや、持たされていない。性行為自体は出来ても、子供は作れない。それゆえ、民間企業製バールたちはアンダーグラウンドの性風俗産業で重宝されている。しかし、私は違う。
 去年、私は初潮を迎えた。そして、アガルタで検査を受けて、妊娠能力があるのを確認された。