アガルタ・ソロモン・プロジェクト

「久しぶりのアガルタだな」
 山々が並ぶ風景。車を走らせている途中でフォースタスが言う。私たちはアガルタに向かっている。
 アガルタ特別区はアヴァロンシティの奥地にある。そこは研究者たちと退役軍人たちとバールたちの街だ。区全体は、一見他の地区と大差ない都会だが、学術都市としての色合いが濃い。
「さあ、現代のエデンの園だぞ」
 私たちは、アガルタの中心部である研究所に入った。そして、マツナガ博士の部屋に行ってケーキを渡してきたが、博士はいかにも嬉しそうだった。博士はアガルタのバールにして研究者の一人という立場から、表向きには行動に制限があるという事になっているけど、実際にはあちこちに出かけており、意外な人脈があったりする。

「二人とも何の異常もないわね。健康優良児!」
 ミサト母さんが言う。
「ちゃんと避妊しているようね。まだ大学を卒業していないのに妊娠しちゃうとまずいし、マスコミが何だかんだ言うからね」
 フォースタスも私も顔を赤らめる。ミサト母さんはくすくす笑う。
「まあ、私も新しい孫の顔を早く見たいけどね。ルーもケイティもそろそろね…」
「ルーとケイティがどうしたの?」
 ルー…ルシール・チャオ(Lucille Aisha "Lu" Chao)博士はミサト母さんの実の娘で、フォースタスのお姉さん。ケイティ…マーシャ・カトリーナ・ウキタ(Mercia Katrina "Katy" Ukita)博士は、この研究所の所長マーシャ・ロザリー・ウキタ(Mercia Rosalie Ukita)博士の実の娘だ。二人はここで勤務する医師だが、なぜミサト母さんはあの二人の名前を出すのか?
「〈アガルタ・ソロモン・プロジェクト(Agartha Solomon Project)〉を担うのはあなたたちだけではないの。他にもいっぱいいるのよ。あの子、ネミもそうだけど、性嫌悪傾向がある無性愛者だから、普通のやり方で子供を作るのは難しいわね」
 ネミ?
 一体どういう事だろう?
「あの子もここに来ているのよ。会ってみる?」

 私たちは所内のカフェに入った。そこに彼女はいた。
「元気?」
「ネミ! なぜあなたがここにいるの?」
「ミサト博士から話を聞いたでしょ。私もあなたと同じバールなのよ」
「え!?」
 私もフォースタスも驚いた。さらに、彼女は驚くべき事を口にする。
「アスターティ。あなた、ミヨンさんのところのミナとブライアンのお父さんが誰か知らないでしょ? あの二人、ミヨンさんがここで人工授精で産んだ子供なの。私もいずれ、同じ方法で赤ちゃんを産むつもりよ」
 私は言葉が出なかった。フォースタスも絶句している。
「ミヨンさんは天然の人間だからバールの精子を使ったけど、私はバールだから天然の人間の精子を使うの。ソロモン・プロジェクトって、人間とバールを一つにする計画だからね」
 私は凍りついた。ネミが自分と同じバールだというのも衝撃だけど、私たちが関わる計画が大規模だというのにも衝撃を受けていた。
 ネミは私たちに背を向け、窓の外を見上げる。彼女は手をかざし、ゆっくりと持ち上げる。その手のひらの上に光の玉が現れる。
「私たちバールが差別されるのは、単に人造人間だからというだけではない。普通の人間にはない力があるからなの。それに対して人間が選ぶのは、徹底的に排除するか、それとも融合の道を選ぶかなの。ここアガルタは平和な方の道を選ぶのよ」
 ネミの手のひらの上で瞬く光の玉は消えた。

 バール(baal)。その呼び名は元々は旧約聖書に描かれる古代中東多神教の神々に由来する。なぜ私たち人造人間にその名称が使われるようになったのかは、詳しい事は分からない。バールたちの起源は、地球人たちの宇宙進出だ。かつての地球にいたデザイナーベビーの発展形が私たちバールなのだ。
 バールたちは軍事利用された。普通の人間以上の身体能力だけでなく、いわゆる超能力もある。精神力で光や電気や熱などを操る。私たちバールはその能力ゆえに普通の人間たちに恐れられた。
 バールたちはマインドコントロールを受けて人間たちに操られ、惑星アヴァロンの地球連邦からの独立戦争で酷使されていたが、やがて一部の人権団体からの異議により、少なからぬバールたちはマインドコントロールから解放され、天然の人間同様に人権を認められるようになった。しかし、いまだにバールたちに対して差別意識や偏見を抱く者たちは多い。
〈アガルタ・ソロモン・プロジェクト〉とは、人間たちがたどり着いた一つの回答だった。弾圧ではなく融合。本来人間の亜種であるバールたちを再び「人」に戻すため、アガルタは平和的な道を選ぶ。
 そんなアガルタの計画の一番の障害となるのは、カルト集団〈ジ・オ〉だ。彼らはかつての地球にあった一神教原理主義を元にした「伝統的な価値観」の復権を目指している。女性の権利と自由の制限、白人至上主義、性的マイノリティと障害者の排除、そして、私たちバールの排除だ。
 その〈ジ・オ〉の政治部門である極右政党〈神の塔〉は、かつての地球のナチスみたいに露骨に障害者の排除を求めている。さらに、同性婚やベーシックインカムなどの廃止を求めている。今は医療技術の発達のおかげで、生身と変わらぬ義眼や義肢などがあるが、ジ・オの者たちは「純血」主義だ。私たちバールは彼らにとっては「悪魔」そのものだ。かつての地球の一神教から見た「異教の偶像」を表す名称からして、まさしくそうだ。
 ロクシー…ロクサーヌ・ゴールド・ダイアモンドは、〈ジ・オ〉並びに〈神の塔〉の幹部たちの愛人、いや「高級娼婦」だと言われている。彼女はさらに、政界や財界の有力者たちの愛人を務めているという。私が彼女に対して感じていたきな臭さとは、彼女自身の性格だけの問題ではなかったのだ。
 ネミはロクシーと同じ事務所に所属していたが、ロクシーのような枕営業は強制されていなかったという。あの事務所にも良心的な人物はいるのだ。そのネミはあの事務所から独立した。

「そう、あの子にあったのね」
 ミヨンママは言う。ママはアガルタでネミが話した事を認める。
「ミナもブライアンも、アガルタで人工授精をして産んだ子よ。あの子たちの父親はバールなの。でも、マツナガ博士ではないわ。あの人、昔のバールと同じく無精子症だから」
「昔の? 今は違うって事?」
「あなたやネミに妊娠能力が与えられたように、男性型バールにも天然の人間みたいに精子を持つ人たちがいるのよ。バールって、元々人間の亜種だし、犬と狼みたいなものね」
 ミヨンママはさらに言う。人間とバールたちの融合は密かに着々と進んでいる。
「それに、アガルタの官製バールだけではないわ。民間企業が生み出すバールたちもね」