女神の侵食 ―『緋色の果実とファウストの聖杯』断片―

「ふふっ、い奴よ」
 女は男を組み敷き、のしかかる。互いに一糸まとわぬ姿、男は四肢に赤い絹のような長い布を巻きつけられ、大の字にされとこに縛り付けられている。
 常人離れした美貌の女は、真紅の瞳を輝かせ、艶やかに微笑む。髪も肌も白い女神は、哀れな犠牲者を貪る。
「果心」
 女は男の名を呼ぶ。果心と呼ばれた男は、精悍で端正な顔立ちと筋骨たくましい長躯を持っている。しかし、今のこの偉丈夫は借りてきた猫よりも弱い。
「お前は枯れぬ泉を持っている。ただの人の子では味わえぬ」
 果心は喘ぐ。苦痛と快楽の化合物により、意識がぼやけていく。
「イシュ…タル…」
「マル…いや、久秀があの娘と共に寵愛していただけの事はあるな。まあ、お前と久秀はそういう関係・・・・・・ではなかったがな」
 当たり前だ。果心はぼやける意識の中、毒づく。あいつはガキの頃の屈辱のせいでそのような事を嫌っていたのだし、小姓などの部下たちにも無体な事はしなかったのだから。
 女神は豊満な肉体美を誇示し、勝ち誇る。果心は女神に精気を吸い上げられていく。

「やめなさい!」
 女神は突然の清冽な声に振り向く。そこには、一人の若い女がいた。
 黒く真っ直ぐに長い髪をなびかせ、白い女神をにらみつける。可憐にして毅然とした顔立ち、引き締まった肢体、女神と同じく白い肌。その目は怒りに燃えている。
「待っていたぞ、緋奈ひな
 女神…イシュタルは艶やかに微笑む。
「イシュタル、果心様を離しなさい!」
 イシュタルは果心の身体から離れぬまま、緋奈の目を見つめる。
「ふっ、愛らしいな。あの男が寵愛しただけの事はある」
 緋奈の両の握り拳を電流が囲む。その電撃から逃れられる者はほとんどいない。
「まあ、良い。少しは遊んでやろう」
 イシュタルは果心の身体から離れ、一糸まとわぬ姿のまま緋奈と向き合う。
 緋奈はイシュタルに殴りかかる。イシュタルは軽く拳をかわす。
「アガルタの精霊とはいえ、元は人の子。この私に本気で勝てるとでも思うか?」
「黙れ!」
 緋奈は電撃を放つ。しかし、そこに女神はいない。
「こっちだ、緋奈」
 イシュタルは窓辺に腰掛けている。
「おのれ!」
 緋奈はさらに電撃を繰り出す。しかし、女神はそれらをことごとく弾き返す。緋奈は直接イシュタルに殴りかかり、体当りし、蹴り上げようとするが、女神は軽々とかわす。
「やれやれ」
 女神はため息をつく。
「もう、どうでも良くなった。さらばだ」
「あっ…!」
 女神は光の球になり、飛び去った。

義母はは上!」
「伯母上?」
「姉さん!」
 二人の男たちと一人の女が部屋に駆け込む。
「父上は無事か?」
「かなり力を奪われているぞ!」
 緋奈は窓辺から戻り、昏睡中の果心のそばにひざまずく。
「果心様…」
 なめらかで愛らしい白い手を男の額に寄せる。悪夢による汗がにじむ。男を縛り付けていたものは、女神と共に消え失せていた。
「因心殿、翡翠。果心様をお願い」
 緋奈は義妹緋月ひづきと共に部屋を出た。
「兄者、伯父上はあの女に力を搾り取られた」
 翡翠と呼ばれる男は、兄者、もしくは因心と呼ばれる男に言う。因心は答える。
「うむ、やはりアガルタに連れて行こう。父上を回復させられるところはあそこしかないのだからな」

「弾正様の忠告通り、あの女・・・は危険人物ね」
 緋奈は緋月に語る。義妹緋月。彼女は義姉緋奈と瓜二つの美貌の女だが、互いに血のつながりはない。
「黎明の子、第六天魔王、大淫婦バビロン。それがあの最強の女神、イシュタル。私たちにとっては最大の敵よ」
 夜明けが近づく。緋奈は明けの明星イシュタルをにらむ。
「あの女は総長シャマシュ公の妹。だけど、私たちはあの女とは相容れない」
 緋月は答える。
「あのお方は私たちの敵だとは限らないでしょう」
 緋奈は反論する。
「あの女は果心様をいたぶって辱めた。私はそれだけでも許せない」
 涙が頬を濡らす。
「今の私たちはまだまだ修行中。本来ならば私はまだ果心様とは再会出来ないはずだった」
 緋奈と緋月は、まだ人気ひとけのない街を歩く。どこかから鶏の鳴き声が聞こえる。
「私たちが一人前になるには、もう少し時間がかかるわ。それまでは…あの人には逢えない」
 緋奈の目から滴り落ちた涙はすっかり乾いていた。日が昇る。
「さあ、行きましょう。緋月」
「はい、姉さん」
 緋月は微笑む。この頼もしい義妹は、緋奈がかつて愛したもう一人の男の義弟のようだった。そして、他ならぬ緋奈自身がかつてのもう一人の恋人のようであった。
 彼は死後もなお、彼女に寄り添い、助言をする。何度となく、彼女は彼に助けられていた。
 二人の仙女たちは、新たな試練を求めて街を出た。