たまトマ丼が好き

 私の好物の一つに、卵とトマトの炒め物がある。中華料理で、西紅柿炒鶏蛋シーホンシーチャオジーダンというものだが、これは私が大切な人が初めて私のために作ってくれた料理だ。

「どうだ、坊主ラッド。うまく出来るか?」
 マツナガ博士が言う。私のフォースタスはアガルタの厨房で博士に料理のイロハを叩き込まれている。
 まずは、中華スープの素で味付けした溶き卵を炒めてスクランブルエッグにする。卵を取り出し、トマトを炒める。ある程度炒めたら、先ほどのスクランブルエッグを加えてさらに炒め、塩コショウで味を整えて、完成。
「いただきます」
 おいしい。フォースタスは私の表情を見て安心したようだ。マツナガ博士はそんな私たちを温かい目で見つめている。

 今の私も、この料理が好きだ。少なくとも、週に一回くらいは作って食べている。どんぶり飯に盛り、「たまトマ丼」にする。いまだに飽きない。
 そんな私は今もなおフォースタスが作ってくれるこの料理が好きだ。この人の料理はみんなおいしいけど、それでも私はこの卵とトマトの炒め物が好きなのだ。
 今日の私は、中華風ではなくイタリア風でこれを作る。
 トマトはイタリア料理のシンボルだ。ならば、せっかくだからイタリア風の味付けで作ってみよう。
 まずは、溶き卵にアンチョビソースを少し加えて味付けし、スクランブルエッグを作る。炒め油はイタリア風らしくオリーブオイルを使う。フライパンからスクランブルエッグを一旦取り出し、オリーブオイルでニンニクとトマトを炒める。ある程度経ったら、スクランブルエッグをフライパンに戻して混ぜ合わせて炒め、バジルと塩コショウで味を整える。
 あらかじめ器に盛ったご飯の上に載せ、イタリア風「たまトマ丼」の完成。

「うまいな」
 フォースタスはほめてくれる。
「ありがとう」
 私の料理の腕はフォースタスの足元にも及ばない。やはり、この人が作る卵とトマトの炒め物が一番だ。
 フォースタスはテレビの電源を入れる。いきなり、ソーニア情勢のニュースだ。相変わらず内戦が続いているソーニアで、ゴールディとアスタロスの消息は分からない。
 今の連邦政府は、震災復興を優先しているので、ソーニアに鎮圧軍を送る事は出来ない。しかし、おそらくは交渉人ネゴシエイターや特殊部隊を向こうに潜入させているだろう。
「ロクシーが行方不明になっているのって、あいつ・・・について行ったという噂だけど、色々とうさんくさいし、きな臭いな」
「あいつ」、プレスター・ジョン・ホリデイ。ロクシーことロクサーヌ・ゴールド・ダイアモンドはソーニア州知事ホリデイの愛人だ。かつては私を敵視し、私自身も不快感を抱いた元同業者だ。彼女は正式な引退宣言をしないまま、アヴァロンシティから失踪した。
 ミヨンママがあの古巣の芸能事務所を辞めてから、あの事務所は〈ジ・オ〉や〈神の塔〉に乗っ取られたようだ。ネミはそんな「魔窟」からかろうじて脱出出来た。彼女も私と同じ人造人間バールだ。私たちは〈ジ・オ〉のような狂信者集団とは相容れない。

 私たちは、新しい家が完成するまではアガルタ特別区にあるこの別荘で暮らしている。ここには時々ネミが遊びに来る。彼女は芸能界引退を考えている。
 私自身、以前のようには芸能活動を出来ないだろう。ステージには立たず、楽曲提供をするのが中心になる。幸い、そのようなオファーは少なくないから、ミュージシャンとして完全に引退する必要もないし、したくもない。

 私は「表現をする女」だ。私はフォースタスを愛しているけど、決してそれだけの女ではありたくない。