黄金のリンゴ

 真一は、リンゴ農家である。彼は元々農家の息子ではなく、元雑誌編集者の脱サラ農家である。そんな彼の今年の作物の出来はまあまあ良かった。とりあえず、出荷分とは別に自宅用をいくらか保存している。
 真一はある日、インターネットで謎の商品を見つけた。
「食品用の…メタリックスプレー!?」
 彼はさっそく、問題のメタリックスプレーとやらを注文した。とりあえず、金色。
 数日後、問題のスプレーが家に届いた。
 真一は子供の頃から神話や伝説がらみのネタが好きだった。特にギリシャ神話が好きだったが、彼はネット上で問題のスプレーを見つけた時点で何やらもくろんでいた。
「よーし、これで本物の黄金のリンゴを作れるぞ!」
 どれだけ品種改良をしても、神話の黄金のリンゴを再現する事は出来ない。しかし、この人体に害がないというスプレーを使うならば、リアルでなおかつ食べられる黄金のリンゴが作れるのだ。
 真一は家の外で作業をした。家の中だと塗料が周りに付いて汚れるので、屋外の方が良いのだ。まずは、サッと薄く吹きかけて乾かしてから様子を見る。ムラにならないように均等に吹き付け、乾かしての作業を繰り返す。
「よーし、完成だ!」
 彼は、出来上がった黄金のリンゴを手にして上機嫌だった。これの写真を撮って、ブログに載せるのだ。
「そうだ、仕上げのフレーズがあるぞ」、真一は問題のリンゴにこう書いてみた。

「最も美しい女神に捧ぐ」

「よーし、これで完璧!」、上機嫌の彼は、写真を撮る前にトイレに行った。そんな彼は、肝心な事を忘れていた。この黄金のリンゴは、あのトロイ戦争の発端となった重大アイテムだったのだ。
 そして、神々が人間たちにトロイ戦争を起こさせたのは、人間社会の人口爆発問題を解決するためだった。

 真一がトイレから戻ってきた時、黄金のリンゴは消えていた。