賢者の贈り物

不韋ふい!」
 呂尚りょ しょうは3人を呼んだ。
「何かご用でしょうか、お祖父様?」
「今日はクリスマスイブだな」
「はぁ…」
「ていうか、俺らクリスチャンではないし」
 呂不韋、呂雉(前漢の呂后)、そして呂布。いずれも太公望呂尚と同姓の者たちである。彼らは本来ならば、生前の罪に基づき地獄に落とされる予定だったが、そんな彼らを救ったのが「祖先」である呂尚だった。
 神々の使者である彼は、天界の自分の屋敷で、3人に自分の身の回りの世話をさせていた。
「お前たちにプレゼントをやろう」
「あ、ありがとうございます」
「まあ、榎本俊二の『えの素』の単行本じゃないですの!? 何てお下品なんでしょう!」
「ほほう、お前、すでに読んでいるのか?」
「誰が読みますか、こんな下品な漫画なんて!」
「読んでおらんなら、内容を知らぬハズだが?」
「……」
「俺、漫画さえ読まないほど本を読むのは大嫌いなんだけど」
「ただし、エロ本は除く。だろ?」
「ええ、まあ…」
 そうこうやり取りしているうちに、呂不韋が尋ねた。
「これは本当のクリスマスプレゼントではありませんね?」
 呂尚はニンマリした。
「そうだ。本題はこれからだ」
 3人の呂氏の子たちは生前の罪を償うために、祖先である呂尚の下で働いてきた。だいたい2千年前後の長い年月だ。
「お前たちの罪は償われた。そして、これがお前たちへの褒美、クリスマスプレゼントだ」
「おお、これは『転生チケット』…?」
 3人の目が輝いた。

 虹色に輝く雲から、3つの光の玉が飛び出し、地上を目指した。うまく行けば、あの3人は元日に新たな生を授かるだろう。
 今度こそは、より穏やかな、より幸せな人生を。
「Merry Christmas! & A HAPPY NEW YEAR! …うまく発音出来たかな? ハハ…。お前たち、今度こそは真っ当な人生を歩めよ!」
 呂尚は一足先に祝杯を挙げた。