5月の風

「いい風だ」
 のどかな春の陽気。気分が良い。授業を終えた学生たちがあちこちにたむろしている。
 シャホウ・レイ(夏侯雷、Xiahou Lei/Ivan Lei Xiahou)は、アヴァロン大学医学部の構内をうろついていた。彼自身がここの学生なのだから、それ自体はおかしくない。問題は、彼自身の出自だった。
 彼は、マフィア〈聖杯幇(せいはいほう/シェンペイパン、Sheng-Bei-Bang/Sheng-Pei-Pang)〉の御曹司なのだ。そんな彼がこの大学にいるのは、色々とややこしい。しかし、彼自身は自分の実力で入学試験に合格した。
 家柄はさておき、彼は身長190cmという長身が目立っていた。それに、鋭角的な顔立ちがさらに凄みを感じさせる。
 彼ににらまれた人間は、ビビってチビってもおかしくない。それぐらい、鋭い眼光だった。
「かつての日本には『五月病』なんてのがあったらしいな…孟嘗君もうしょうくんと関係あるのかな? まあ、現実的に考えるなら、環境への適応などの問題だろうな」
 5月上旬の爽やかな風がキャンパスを通り過ぎる。レイは、手で口を押さえずに大あくびをした。

〈聖杯幇〉の企業舎弟の一つにリリス・グレイル(Lilith Grail)社があるが、この会社こそが、バールたちを生み出す民間企業の一つである。
 アガルタの「官製バール」が普通の人間とほとんど変わらない外見なのに対して、リリス・グレイル社製バールは、良くも悪くもバラエティ豊かな姿形の者たちが多い。例えば、かつての地球で流行したファンタジーフィクションに登場する妖精エルフのような尖った耳を持っていたり、天然の人間にはあり得ない髪色や目の色の者たちもいる。さらには、整形手術などによって猫耳や尻尾や毛皮の皮膚を身につけた「猫女」などの異形のバールたちもいる。いずれも、アンダーグラウンドの世界で取り引きされる「商品」だ。
 中には、顧客を飽きさせないように、人為的に多重人格者に設定されたバールたちもいる。彼らは、主人の好み次第でしばしば「モード」を切り替えられる。そして、それに合わせた装いと振る舞いで主人を楽しませるのだ。
「我が社自慢の、最高級のリアルラブドール。かつての地球の高級スポーツカーと同じく、客を選ぶ商品だよ」
 レイは、この「仕事」のために医師免許を得るつもりだった。少しでも「家業」についての知識や技術を身につける必要があるからだ。

 アガルタには、多くの科学者や技術者たちがいるが、医師・歯科医師・獣医師たちも多く在籍している。そして、フォースタス・チャオの母ミサト・カグラザカ・チャオ博士もアガルタの研究者の一人だ。
「フォースタスか…」
 レイとフォースタス・チャオは、中学時代に同じクラスにいた。その頃、大事故があった。
 当時の十大ニュースに入るほどの大事故。かなりの犠牲者を出したが、あまりにも謎が多い。それだけに、メディア上では様々な憶測があった。
 あの事故の犠牲者の中には、当時のクラスメイトもいた。昔の事故について思い出しているうちに、一人の男が来た。彼は、別の学部の学生だ。
「若旦那、お待たせしました」
 ホレイショ・ハーパー・トラン(Horatio Harper Tran)…アヴァロン大学法学部の学生、21歳。〈聖杯幇〉幹部の息子であり、シャホウ・レイの舎弟である。しかし、この青年はマフィアの一員の息子とは思えないくらい、温和そうな人当たりであり、彼の出自を知らない者はまずは彼がマフィアの関係者だとは想像がつかない。
「おう、帰るか。しかし、今日はせっかくだから寄り道しないか?」
「そうですね。僕、おいしいお好み焼き屋を知ってますけど、どうでしょう?」
「おう、そこに行こう」
 レイとホレイショは大学構内を出た。すると、やかましい街宣車が通り過ぎる。
「何だ、あのうるさいのは?」
「ああ、〈神の塔〉ですね」
「〈神の塔〉って、あの〈ジ・オ〉の政治部門の泡沫政党か?」
 レイはあからさまにうんざりした表情を見せる。ホレイショも愉快ではない。
「色々な意味で商売敵か…うっとうしいな」
 二人は繁華街を目指した。