逃げられない

「『ある文士たちの悲劇』…か」
 シャレにならないタイトルの記事。頭が痛い。自業自得だが。
 俺とユエ先生夫妻のスキャンダルが大々的に報道されるようになって以来、俺はテレビやラジオの出演依頼が減っており、本業でも徐々に敬遠されるようになっていた。さらに、俺のスキャンダルに連動してか、邯鄲グループ各社の株価が値下がりしつつあるようだ。
 しかし、父さんも母さんも何も言ってこない。それがますます不安をかき立てる。
 今の俺は、ライラに会いに行く以外は、家に引きこもりがちになっている。たまに買い出しに出かけるが、普段は自室でタブレット端末を手にして小説やエッセイの推敲をしている。子供の頃から世話になっている人が経営しているボクシングジムにも通っていないから、ランスにもロビンにも会っていない。
 どうせ、あそこでも白眼視されるのだ。
 自分たちのスキャンダルが異様に大々的に報道されているのは、おそらく政界に何か動きがあるのをごまかしているからなのではないのか? 少なくとも、芸能ニュースとはそのような煙幕として世間に流されるのだ。
 確かに自分は世間に非難されても仕方ない。それだけの罪深さは十分ある。



《フォースタス! 貴様、いい加減にしろ!》
 ランスの奴から電話が来た。こいつは俺のスキャンダルに激怒している。
 法科大学院に在席しているランスは、ユエ先生の教え子ではない。しかし、こいつは俺と同じく、子供の頃から色々とユエ先生のお世話になっている。
 普段、冷静沈着なこいつが本気で怒るのは怖い。こいつは俺にとって、半ば兄貴分なのだ。それだけに、こいつの助言・忠告に対しては真剣に耳を傾ける必要があるのだが、今はそれどころではない。
《一発ぶん殴って、目を覚まさせてやる!》
「お前、そんな暴力事件起こしたら、人生を棒に振るぞ!」
《うるさい!》
「だから、もうすぐ絵のモデルの仕事は終わるんだよ。ユエ先生との約束もあるし」
《先生がお前と奥さんの関係を許す訳ないだろ!?》
「だから、その…」
 いや、先生との約束を漏らす訳にはいかない。俺は、さんざん怒鳴り散らすランスを無視して、電話を切った。
「やれやれ…」

 俺は、いつも通りにユエ邸に行き、ライラのアトリエ兼寝室で彼女と交わり、絵のモデルの仕事をした。絵は、確かに完成に近づきつつある。
「もうすぐ完成するけど、まだまだ完成させたくないわ」
 ライラは言うけど、俺はもう解放されたい。しかし、ユエ先生とライラの関係は冷え切っている。だからこそ、彼女は俺を求めた。
 アスターティ。
 突然、なぜかあの娘を思い出した。俺の婚約者。なぜ、俺はバールである彼女と婚約したのか?
 アガルタの研究者たちが言うには、俺たち人類はしゅとして限界に近づきつつあるという。その人類に新たな血を注ぎ込むために、人類とバールの融合が必要だというのだ。
 そもそも、バールたちは元々人間の亜種である人造人間であり、様々な点で人間より優れた資質を持っている。その「強い」血を俺たち人類と混ぜ合わせるのだ。それで実験台に選ばれたのが、アガルタの研究者の一人ミサト・カグラザカ・チャオの息子である俺と、古代フェニキアの太女神の名を持つあの娘だった。あの娘は、次世代の「聖母」「女神」となるべく産み出されたのだ。
 でも、なぜわざわざそこまでしなければならないのか? この世に終わらないものなどないのに。
 俺がアスターティを避けているのは、自由に恋愛をしたかったからだが、それだけではない。俺の初恋相手で、十年前のモノレール爆発事故で亡くなったヘレナに似てきたからだ。それがつらい。

 俺はユエ邸を去り、車を飛ばした。すぐに家に帰らずに、しばらく走る。気晴らしとしてのドライブだけど、これぐらいでは気分なんか晴れない。
 午後2時過ぎ、アヴァロンシティはそんな俺の思惑なんぞに目もくれずに輝き続ける。
「お前らのスキャンダルなど消耗品に過ぎない」
 そんな声すら聞こえそうだ。
 ゴシップレストランのメニューは新鮮さが第一、人の噂も七十五日。旬が過ぎればメニューは替わる。しかし、俺の醜聞はまだまだ生々しい。
 多分、少なくとももう二、三か月はメディア上をたらい回しにされ続けるだろう。
《pi,pi,pi…》
 電話だ。また、ランスの野郎か? だから、今はほっといてくれ! 俺は思ったが、違う。この番号は、ユエ先生だ。
 俺は車を止め、受話器を手にした。
「はい、フォースタスです」
《フォースタス、ちょっと来てほしいんだ》
「どうしました?」
《急がねばならない。僕らの予定が早まったんだ》
 早まった? 何だろう? 俺は、ユエ先生が待つあのイタリア料理店に向かった。