祝福の果実

 極彩色のアヴァロンシティに粉雪が降る。ひんやりとした冬の街の中、アスターティのサードアルバムの制作は順調に進んでいる。今回は俺もバックヴォーカルとしてレコーディングに参加した。
 俺も自分自身の仕事が順調だ。あの頃のシッチャカメッチャカヘルタースケルターが嘘みたいだが、あのような試練を経てこそ、今の俺がいる。
 繁華街の活気の中、俺とアスターティは買い出しに出ている。たくさんの荷物を扱うし、ペット厳禁の場所もあるから、メフィストはリチャード・タヌキコウジ博士のクリニックに預けている。もちろん、今日の買い物ではドクター・リッチーへのお土産も忘れない。俺たちは全ての買い出しを終え、車をクリニックに走らせる。
「おお、フォースタス! 僕、このエッグタルト好きなんだ。ありがとう」
 俺たちはメフィストを引き取り、家に戻った。テーブルの上には小さなクリスマスツリー、この街のように極彩色に光る。
「さて、下ごしらえだ」
 俺とアスターティはキッチンに入る。メフィストはテレビを観ているが、あいつはスポーツ番組が好きだ。特に俺と同じくバスケットボールやサッカーの試合が好きなのだが、あいつはボクシングなどの格闘技も好きだ。そんなあいつはランスの弟ロビンのファンである。

「メリークリスマス!」
 惑星アヴァロンは仏教などの多神教徒も多いが、それでもこのクリスマスという行事は残っている。
 かつての地球とは違って、もはや特定の宗教の祝日ではない。全ての「太陽」の誕生を祝う日、祝う夜。一応、道教徒タオイストの俺も、惚れた女と一緒に聖なる夜を祝う。
 神の名のもとに殺し合うなんて、時代錯誤。みんな、限られた人生を精一杯楽しもう。俺たちは皆、幸せになるために生まれて生きているのだから。
 酒に対してまさに歌うべし。いや、俺もアスターティも下戸だ。だから、俺たちはスパークリングワインの代わりにジンジャーエールを飲む。
 俺たちはクリスマスのご馳走を楽しんだ。もちろん、犬であるメフィストには、犬の体に害のないものを飲み食いさせた。
「『ファウストの聖杯』、新人さん主演で再上演されるのね?」
「ああ、あれは俺から独り立ちしている。あの劇はシャーウッド・フォレストのものだからな。まあ、原作の小説自体は作者の俺自身のものだけど、原作は原作、アレンジはアレンジだ」
 そう、ただ前に進むだけ。たまには過去を振り返るのもいいけど、それだけではダメだ。
 未知の未来にこそ、顔を向けよ。人は求める限り迷うもの。しかし、迷いにばかり足をすくわれてはいけない。



「今年の桜もきれいね」
 また、桜吹雪の季節が来た。俺たちはセントラルパークを散歩している。
 メフィストは、公の場ではほとんどしゃべらない。何しろ、こいつの正体はアスターティの正体と同じくとんでもない機密なのだから。ただ、本物の犬そっくりの「しゃべるロボット犬」というのは子供の玩具として一般的だが。それでも、油断禁物。
 それにしても、いくら俺がアガルタの研究者と邯鄲ホールディングス会長の息子だからといって、こんな情けない男に「機密」を預けるのは無茶だ。
「この絶妙な薄いピンクがいいのよ」
 桜の花が好きなアスターティは、桜のように淡いピンク系の化粧をしている。しかし、バールである彼女は、普通の人間以上にスッピンがきれいだ。それに、薄化粧だ。女にとって化粧はあくまでも、自己満足としてのオシャレなのだ。
 アスターティはカメラのシャッターをバシバシ切っている。来年もまた、同じように桜の写真を撮りまくるだろう。
「今年は建国350周年記念式典があるんだな。それでお前は記念コンサートに出るんだな」
「緊張するわ」
「そこで新曲をるんだな?」
「うん、私自身も気に入ってる」
 俺は地球史は好きだが、惑星アヴァロンの歴史はちょっと苦手だ。ただ、学問として苦手だというのとはちょっと違う。あまりにも「生々しい」からだ。
 まあ、どの時代であれ、身近な歴史は生々しいのだから、扱いはややこしいのだ。それは、俺たちの祖先である地球人の時代から変わらない。
「スコットからまた話があったんだ。今度は『Blasted』を舞台化したいって」
「『Blasted』…シャン・ヤンさんの名前の由来になった人が主役の小説ね?」
『Blasted』、サブタイトルは「わざわいをはかるもの」。このタイトルは、メアリー・シェリーの『フランケンシュタイン』を意識して名付けた。自らが作り上げたものに滅ぼされた男の物語だ。彼、商鞅しょう おうもまた、ファウスト的なヒーローなのだ。
 桜吹雪の中で、俺は言う。
「アスターティ。お前が大学を卒業したら、結婚しよう」
「フォースタス…!」
「お互いに頑張らないとな。俺も頑張る。これからもよろしくな」
「ありがとう、フォースタス」
 桜色の空気の中、俺たちは周りの様子を忘れて、抱き合ってキスをした。その時は思わずメフィストの存在をも忘れていたけど、こいつは俺たちに呆れていただろう。
「そろそろ帰るか?」
「ええ。一通り満足出来る写真は撮れたし、行きましょ」
続き・・は家に帰ってからな」
 メフィストは俺たちをからかった。やはり、呆れていたのだ。
 俺たちは駐車場に行き、車に乗り込んだ。
 桜吹雪の街中を風が通り抜ける。良い風だ。この嬉しさや楽しさが少しでも長続きするように。
 俺たちはみんな、幸せになるために生まれて生きているのだ。
 この現代の「ビッグ・アップル」アヴァロンシティで、みんなが。