楽園の蛇

「リジーか…」
 俺は唐突に思い出した。リジー…エリザベス・バーデン。俺の大学時代の恋人だった女だ。そいつは、ある日突然、何やら訳の分からない因縁をつけて、俺を怒らせた。俺は、腹を立てて、自分から別れを切り出した。さすがに暴力は振るわなかったけど、理性が壊れそうなくらい怒ったのは確かだ。
 しかし、ふと思う。リジーは何らかの思惑で、ワザと俺を怒らせて、俺の方から別れを切り出すように仕向けたのではなかったのか?
 まあ、今となってはどうでもいい。しょせんはその程度の縁に過ぎなかったのだ。
 今はただ、このひとと向かい合うだけ。
 ライラ。
「あなたの肌、何度触れても気持ちいいわ」
 俺は男としては毛深くない部類に入る。ユエ先生だって、毛深くない方だが、俺は若い分、肌の張りや艶があるのだ。
 ライラもまた、艷やかな肌の女だ。20代前半の女と変わらない潤いと張りのある、白い肌だ。俺は、この柔らかい罠にはまる。
「うっ…」
 俺たちチャオ(趙)家の遠い祖先に当たる趙の武霊王だって、このような美女に溺れたのだ。
 甘い「邯鄲の夢」。目覚めるのが怖い。目覚めれば、あっという間。現実の怖さが待っている。このままずっと溺れていたい。
「そういえば、私たちが初めて会ったのは、あなたがまだ小学生の頃だったわね」
 思い出した。確かにそうだ。この人はその頃から変わらない美貌だ。
 俺の本当の初恋相手は、実はこの人だったのかもしれない。
 ライラの舌が俺の舌に絡みつく。甘い「楽園の蛇」。俺は彼女をきつく抱きしめた。



「果心様! なぜです!? なぜ私を捨てるのですか?」
「ごめん、緋奈ひな
「なぜ私に弾正様のところに行けと言うのですか? 私、子供の頃からあなたをお慕いしておりましたのに!」
「俺もお前が愛おしい。だけど、俺にはお前の思いを受け止められるだけの覚悟はない。許せ!」
「そんな…。私、あなたのおかげで初めて女として目覚めて悦びを覚えたのですよ! それなのに、それなのに私を捨てるのですか?」
 緋奈は果心にすがりつく。しかし、彼は彼女を振り切って城を去った。残された緋奈はその場に崩れ落ち、泣きじゃくる。
 その涙に呼応するかのように、小雨が降り始め、さらに雨は激しさを増していった。
「果心様…!」
 緋奈は泣き叫ぶ。天はさらに彼女の怒りと悲しみに呼応し、さらに雷雨をもたらす。



 俺は家に戻り、タブレット端末に向かった。一人暮らしのこの家で、今夜も『ファウストの聖杯』の続きを書く。果心は、緋奈という名の美女を愛したが、純真な彼女の真剣な思いを受け止めるのに戸惑い、さんざん悩んだ末に、彼女を久秀に譲り渡してしまった。この果心の「不実さ」は今の俺に似ている。
 人が人の思いを真剣に受け止める。何て難しい、そして苦しい事だろう。俺は今まで、色々な人たちを裏切ってきた。現に、今の俺はユエ先生を裏切っている。とてもじゃないけど、先生に顔向け出来ない。
「俺は最低のロクデナシ」
 そう、俺とライラの関係はまごう事なき不倫だ。それはライラの夫であるユエ先生への裏切りだ。そのユエ先生から、昨日外食の誘いの電話があった。俺は悩んだが、断るために適当な嘘をつく気もなかったし、むしろ会いたいとすら思っているから了解した。

《やあ、フォースタス》
《ユエ先生? どうされましたか?》
《あさって、暇かい?》
《ええ、特に用事はありませんが》
《どうだい、僕と一緒に外食に行かないかい?》
《え?》
《評判の店だよ。どうだい?》
《は、はい。ぜひともよろしくお願いします》

 明日、ユエ先生と会う約束だけど、あまりにもつらい。俺はとんでもない畜生だ。
 ユエ先生、ごめんなさい。だけど、多分許してくれない。きっと「破門」される。だけど、その時はその時だ。誠意をもって謝るしかない。