楽しみと怒りと

 惑星アヴァロンにおける最大の大陸は、かつての地球にあったとされる「超大陸」にちなんでパンジア(Pangaea/Pangea)と呼ばれる。アヴァロン諸島の東にあるこの大陸の南部にソーニア(Thornia)州がある。そこの知事プレスター・ジョン・ホリデイ(Prester John Holliday)は、カルト教団〈ジ・オ〉並びにその政治部門である政党〈神の塔〉を後ろ盾とする人物である。元弁護士である彼は一見精力的な男前の人物だが、色々と黒い噂が後を絶たない。
 人気女性歌手ロクサーヌ・ゴールド・ダイアモンドにはこの男との不倫疑惑があるが、彼女の男性関係はそれだけに留まらない。
 ソーニア州知事や〈ジ・オ〉に対して反感を抱く者たちは、〈ジ・オ〉支持者が多いソーニアを「有刺鉄線州」と揶揄する。リベラルを自認する者たちはソーニアの保守性を軽蔑しており、この地を一種の強制収容所に見立てているのだ。アヴァロンシティ以外で一番バール殺害事件が多いのは、ここソーニア州だった。
「あのマッチョマン」
 プレスター・ジョンに対して反感を抱く者たちは彼を「マッチョマン」と呼ぶ。アンチ連中は彼のあざとい男らしさアピールを軽蔑しているのだ。そのプレスター・ジョン・ホリデイ自身は、同性愛者などの性的マイノリティに対する軽蔑や差別意識を隠さない。しかし、どれだけ彼が暴言失言を連発しても、支持者たちは彼の男ぶりに心酔して許す。
 アンチホリデイ派は、そんな親ホリデイ派に対してますます軽蔑する。暗に、現在のアヴァロン連邦の大統領も彼を嫌っているのだ。



「ねぇ、アスターティ」
 鮮やかな赤毛の少女がアスターティに話しかける。
 ルシール・ランスロット(Lucille Lara Lancelot)。アスターティより一学年下の、日本人の祖先の血を引く女生徒である。二人は、校内の軽音楽部に所属していた。
「帰りにあそこのカフェに寄ろうよ。もうすぐ、フォースティンも来るから」
 フォースティン・ゲイナー(Faustine Daisy Gaynor)という女の子は美術部員で、ルシールの幼なじみである。彼女もアスターティより一学年下のクラスの娘で、アスターティと似たようなプラチナブロンドの髪のかわいい女の子である。そして、ルシールはスッキリと整った顔立ちだ。
 ちなみに、フォースタス・チャオの姉の名前もルシール(Lucille Aisha "Lu" Chao)というが、彼女は「ルー」という愛称で呼ばれている。ルーは産婦人科医であり、母ミサトと共にアガルタの一員である。
 アスターティは、あまり友人が多くない。その才色兼備ぶりから高嶺の花扱いされ、敬遠されているのだ。彼女は自分の素材の良さを鼻にかけたりはしないが、それでも、ただ単に「存在する」だけで、十分他人に嫉妬や劣等感を抱かせるのだ。
 そんな微妙な立場の彼女にとっては、ルシールとフォースティンはかけがえのない友人である。
「遅くなってごめんね」
 フォースティンが来た。いかにも人が良さそうな内気な少女。アスターティとルシールは彼女と合流し、オープンカフェに行った。

 ルシールとフォースティンは「マッチョマン」プレスター・ジョン・ホリデイについて話している。彼女たちもアスターティも、あのマッチョイズムの男を嫌っているが、世間には彼の男らしい魅力のルックスに惹かれる女性たちもいる。しかし、十代の少女たちはこの中年男性有名人に対して容赦ない。
「あのホリデイって人、またヒドい事言っていたよね」
「『女性は産む機械』だなんて、バールの人工子宮じゃあるまいし」
「私、ああいう唯物論者気取りの物言いって嫌いよ。もちろん、女を馬鹿にするのも許せない」
「それにしても、人工子宮だなんて、女をなめてるよね!」
 人工子宮。アスターティはその言葉を聞き、冷や汗をかく。自分は他ならぬ人工子宮から生まれたバールなのだ。しかし、ルシールもフォースティンも自分の正体を知らない。
 アスターティは二人をかけがえのない友人だと思っている。しかし、それでも自分の正体を知られる訳にはいかない。
 ガラスの壁。彼女たちには分からないそれが、自分と彼女たちを隔てているのだ。
「どうしたの、アスターティ?」
「ううん、何でもない」



 マークは一人、相変わらずゲームセンターで、ヴァーチャル格闘ゲーム機のカプセルの中で暴れまわっていた。
 いつもの憤りのグレードアップ。一部のメディアで、自分の両親とフォースタス・チャオの醜聞が取り上げられている。
 フォースタスとライラの不倫。そして、アーサーとフォースタスの同性愛不倫疑惑。実に不愉快だった。
「チクショウ! チクショウ!」
 呪われた双剣の騎士ベイリンは、次々と襲いかかる敵どもを蹴散らす。
「なめとんのか、てめぇ!!」
 マークは、実際に両親とフォースタスの「現場」を見ていない。しかし、フォースタスが帰ってからの母のアトリエ兼寝室からは、どことなく淫靡な匂いが感じられた。
 そして、そんな二人の関係を黙認する父。腐ってる。
 何よりも、フォースタス。あの男こそが忌々しい。
「クソどもが!」