家族の聖餐

「少しは気分が晴れたか、フォースタス?」
「うーん、何とも言えない」
 俺はヴィックと父さんと三人でキャムラン湖のほとりに来ていた。親子三人のバカンスだ。父さんとヴィックは、わざわざ俺のために休暇をとってくれたのだ。
 キャムラン湖はアヴァロンシティの内陸部アガルタ特別区のさらに奥地にある湖だ。ここに父さんの別荘がある。
 子供の頃を思い出す。
 夏休みにここでみんなと遊んだ思い出。イタズラをして、大人たちに叱られる悪ガキ時代だ。あんな無邪気な時代ははるか昔、あの頃の俺は今みたいに傷や汚れはなかったし、ただただ光を追いかけていた。
 もう、とっくの昔に夢見る少年ではいられなくなってしまっている。エデンの園はすでに遠い。
 俺は相変わらず、部屋にこもって『ファウストの聖杯』の推敲を続けていた。ヴィックは「せっかくのバカンスなのに」と文句をたれていたが、俺はそんな気分ではなかった。



「緋奈がお前の子を孕んでおれば、楽しみだな。どんな子が生まれてくるやら」
 果心はギョッとした。
 久秀は、ニッと笑う。まるで、悪人というよりも悪童である。
 そもそも果心が知る久秀は、世間での評判ほどの悪人ではない。ただ、変わり者なだけだ。
「あの国士無双の孫が手に入るんだ。面白いじゃないか?」
「俺は不老不死を得るのと引き換えに、種なしになったんだ。だから、緋奈が孕むとすれば、お前の種だ」
「ふむ…確かに俺は他の女どももお前に抱かせたが、いずれも孕まなかったな。それはともかく、伴天連バテレンどもが言うには、人間の先祖は不老不死をなくしたからこそ、子を産むようになったのだな。ならば、もし仮に始皇帝が不老不死を得たならば、扶蘇ふそ胡亥こがいも必要なかっただろうな」
「それに、名将の子が名将とは限らない。趙奢ちょう しゃの息子がいい例だ。俺だって、父上ほどの才はない」
「しかし、お前は牛若丸と呼ばれていた頃の義経に兵法を教えていたではないか?」
「あれは、あくまでもあいつ自身の才能だ。俺は、それを伸ばす手助けをしたに過ぎない」
 久秀は果心に言う。
「いずれにせよ、俺にとってお前は、得がたい宝だ。俺が生きている限り、お前も緋奈も俺のものだ」



「フォースタス、夕食の準備をしようよ」
 ヴィックが呼ぶ。俺とヴィックは、庭で料理の準備をした。
 チャンチャン焼き。かつての日本の北海道の郷土料理。これは主に鮭を使うが、今回はニジマスを使う。
 キャベツなどの野菜を適当な大きさに切り、魚の半身に塩とコショウをふりかける。そして、大きな鉄板を熱してバターを敷く。鉄板の中央を空けて野菜を置き、真ん中にニジマスの半身を乗せる。
 そして、白味噌を酒で溶いてみりんや砂糖を少し混ぜたものを魚の身に塗り、さらに鉄板の周りに流してから、アルミホイルをかぶせて蒸し焼きにする。
 火が通ったら、お好み焼き用のヘラで魚の身をザックリとほぐし、野菜と混ぜ合わせる。ハイ、出来上がり。
「うまいな、フォースタス」
 父さんもヴィックも、モリモリ食べている。俺は料理の腕にはそこそこ自身がある。あのスキャンダル以前に出演したバラエティ番組では「どれだけ一流レストランの味に近づけるか?」なんて企画に挑戦した事もある。
 しかし、今はまだ、凝った料理を作れるだけの心の余裕はない。
「ごちそうさま!」

 俺は小説の続きを書いている。小説の中の果心も、俺と同じく迷走している。
《クヨクヨするな》
 俺の頭の中の久秀が、あるいはアガルタのフォースタス・マツナガ博士が言う。
《ホラ、余計な力を入れるな。もっと気楽になれ》
 ドクターの励ましの声が実際に聞こえるようだ。俺は何かを吹き込まれたようだ。
「こりゃ、完全に主役交代だな」
《ふふっ、面白いじゃないか? それに、お前と果心は似ているからな》
 俺は物語のほころびを直していく。テニスンのシャロットの女が機に向かうように、俺はタブレット端末に向かう。
 俺は手元にある黒い箱から黒い粒を取り出して噛んだ。サルミアッキ。これはかつての地球のフィンランドで食されていたが、「世界一まずい飴」と呼ばれていた。このサルミアッキを口に含んで噛むと、あまりのまずさに眠気が覚める。カフェイン入りのチューインガムみたいなものだ。
「よし、思い切って果心の一人称視点で書き直そう」
 そう、そうあるべきだった。