妖しい香り

 昼下がりのアヴァロンシティ。春真っ盛りの「世界の首都」は、常に活気ある輝きを放つ。この現代の「ビッグ・アップル」は巨大なおもちゃ箱だ。俺たちアヴァロン市民は、このおもちゃ箱の中で生きている。
 俺たち人間はおもちゃの遊び手か、それともおもちゃそのものだろうか? 運命の女神は常に気まぐれだ。
「さて、何とか約束通りの時間に間に合うかな?」
 一般車両の走る道路には何台かのエアカーも混じっているが、俺の車は直接タイヤで走る。幸い、道路はそんなに混雑していない。
 現代の「ワンダーランド」アガルタを出た俺は車を飛ばし、ライラの待つ家に向かった。ラジオからはモデル出身の歌姫ロクシー(Roxy)…ロクサーヌ・ゴールド・ダイアモンド(Roxanne Gold Diamond)の曲が流れる。「モデル上がり」の歌手や役者は過小評価される事が多いが、ロクシーは別に下手な歌手ではない。ただし、他人が影武者として歌っているのではない限りは。
 俺の雇い主ライラ・ハッチェンス(Lailah Bella Hutchence)。俺の恩師アーサー・ユエ(Arthur Nathaniel "Art" Yue)先生の妻であり、画家である人。つまり、彼女も「伝統文化」の継承者だ。しかも、油絵という古典的なメディアだ。

「こんにちは。いつも約束より絶妙に早めに来てくれるわね。アートも言ってたわ。『あいつは生真面目さがかわいらしい』ってね」
「え、先生、そんな事言ってたんですか?」
「ええ、あなたはあの人の教え子の中でも特別ね。名前が名前だけに、何だかアーサー王とランスロット卿みたい」
「ランスロット…ですか。俺の友達にもランスロットという名前の奴がいるんですけどね」
 ライラは笑う。
 俺は彼女の絵のモデルになっている。しかも、ヌードモデルだ。
 ライラは俺の体格をほめてくれる。確かに俺はそこそこ身体を鍛えているし、筋肉の付き方だって悪くはないと思う。ユエ先生も、俺がライラの絵のモデルになるのを認めてくれた。
 あくまでも、副業。今の俺は、まだまだ文筆業だけでは食べてはいけない。時々、こうしてアルバイトをしている。テレビのバラエティ番組でコメンテーターとして出演するのも含めて、俺は「作家」というよりも「何でも屋」だった。
 俺とユエ先生の付き合いは、俺が生まれてから…いや、生まれる前からだった。俺の両親がユエ先生と親しかったからだが、俺がアヴァロン大学の文学部中国文学科に進学したのは、ユエ先生の教え子になるためだった。
 ユエ先生は大学教授時代からすでに大物作家でもあったが、俺が大学を卒業してから、先生も大学を退官した。
 実はユエ先生は、少年時代に子役俳優の仕事をしていたが、中学校進学を機に芸能界を引退した。俺は昔のユエ先生が出演していた映画をいくつか観た事があるが、まさしく天才子役だった。しかし、もし先生が芸能界を引退しなければ、俺は先生の教え子にはなれなかったのだ。
 多分、先生は芸能界の世知辛さを思い知らされて引退したのだろう。往年の子役スターが身を持ち崩してスキャンダルまみれになるのは、地球の昔から変わらない。

「このハーブティーはリラックス効果があるのよ。このマカロンも甘さ控えめでおいしいわ」
 俺は下戸で甘党なので、彼女の心遣いが嬉しかった。薔薇の香りのマカロン。口の中に妖しい香りが満ちる。
 ライラ。彼女は今45歳だが、少なくとも実年齢より十歳は若く見える。艶やかな黒髪をボブカットにし、紫の眼は妖しく輝く。宿命の女ファム・ファタールだなんて言葉すら思い浮かぶほどの、凄みのある美女だ。とても、中学生の息子がいる中年女性とは思えない。
 この人は美しい。不吉なくらいに。理性が吹っ飛びそうで息が詰まる。だいぶ前から感じていた、甘い罪悪感。
 ええい、何を考えているんだ、俺は。この人は我が恩師の奥さんだし、俺はあくまでも仕事としてこの人に雇われた絵のモデルだ。しかし、ドキドキは止まらない。
 何しろこのアトリエは、彼女の寝室でもある。俺は、彼女のベッドの上に素っ裸であぐらをかいている。いかにも危ういシチュエーションではないか? ライラはそんな俺を怪訝そうな目で見つめる。
「あなた、まだ何かが足りないわね」
 ライラは言う。何が足りないって? 俺の戸惑いをそっちのけに、彼女は俺に近づき、そっと俺の頬に触れた。妖しい微笑み。ライラは俺の耳に口を寄せ、そっとささやく。
 耳の穴に、甘く熱い蜜が注ぎ込まれる。
「燃えるような官能よ」
 俺の視界は、炎のように真っ赤に染まった。