喝采と祝福

《俺を焼き尽くしてくれ》

 紅蓮の炎に彩られたポスター、戦国の世の激情を表す言葉。
 ついにこの日が来た。
 舞台版『ファウストの聖杯』の公開初日だ。チケットはすでに完売している。果心居士役の俺は衣装を着る。和服とも漢服とも言えそうで言えないような、エキゾチックな衣装だ。他のキャストの衣装も凝りに凝っている。
 俺が書いた原作には濡れ場があるが、さすがに舞台版では省略せざるを得ない。スコットは他にも色々と話を合理化させている。
 緋奈役のアスターティは長い黒髪を後ろで束ねたカツラをかぶっている。彼女は赤い着物を着ている。
「ミュージシャンとしてステージに立つのとはまた別の緊張感があるわ」
「いつもとは別の戦場か…」
 久秀役のスコットは微笑む。この男の笑顔には常に頼もしさがある。
「さあ、いよいよ出陣だ」

 幕が上がる。

 観客席は満杯だ。大学時代の演劇サークルでの様子とは訳が違う。俺は緊張感で震え上がり、膨れ上がる。
 しかし、同時に何かが降ってきたような感覚がある。俺が小説やエッセイを書いている時にたまにある何かだ。その何かに満たされ、俺は不思議と落ち着いた。
 俺は果心になりきる。アスターティは緋奈にしか見えないし、スコットも久秀にしか見えない。
 脇役俳優たちが踊るが、その振り付けは地球のジョージアグルジアの民族舞踊を元にしている。ある場面では忍者の黒装束で、またある場面では絢爛豪華な傾奇者の衣装で、観客たちを沸き立たせる。気合いの入った殺陣と共に、これらダンスはこの劇の目玉の一つである。
 特殊効果で紅蓮の炎が舞台を包む。戦火の中を、俺たちは動き回る。場面は二転三転し、二人の男たちと一人の女の物語は続く。
 世界は劇場、俺たち人間は皆「世界劇場」の役者だ。この舞台で俺は語り、歌い、笑い、怒り、涙する。物語はさらに進み、クライマックスに突入する。



「果心よ。お前を本心から求めている者の思いを受け止められないならば、お前は死すべき凡夫と変わらぬぞ」
 久秀は言う。
「お前、緋奈を抱えて城から飛んで逃げられるだろう? さあ、行け!」
 果心はうなづいた。彼は緋奈を抱きかかえ、外に出た。

「果心、俺を焼き尽くしてくれplease burn me out。 あの時、大仏殿にでかい火の玉をぶち込んだように。俺は商鞅しょう おうのように『墓なき者』となるのだ」

 手前にある平蜘蛛の茶釜には火薬を詰めている。この釜も果心に譲ろうとは思った。しかし、そうすれば、あの信長は何としても果心から平蜘蛛を奪おうとするだろう。
 果心と緋奈と三人での茶会で用いた思い出の茶器。しかし、これからは自分と一緒に砕け散る。
「せめて、お前たちの心の中で生き続けたい。俺はお前たちの目や耳などを通じて、これからの世の中を知っていこう」
 久秀は短刀を鞘から抜いた。



 特殊効果で、大爆破が表現される。俺とアスターティが演じる果心と緋奈は宙を飛ぶ。
 場面は、沖縄の海辺に変わった。
 果心と緋奈は織田信長の軍勢から逃れて、薩摩へ、そして琉球へと逃れた。誰からも邪魔されない、夫婦水入らずの暮らし。果心は奇術を披露し、緋奈は琵琶や三線さんしんを弾いて歌い、住民たちの喝采を浴びた。それで十分食べていけた。
 しかし、緋奈は果心のように不老不死ではない。果心は、彼女の最後を看取った。
 かつて久秀を弔ったように、果心は緋奈の亡骸を焼いた。そして、彼女の遺灰を琉球の美しい海に撒いた。
 さらに場面は変わって、21世紀前半の日本。不老不死の果心はスタジオミュージシャンとして生きていた。俺は、ギターを生演奏した。
 俺は高校時代にギターを少しかじっていた。しばらくはギターに触れていなかったが、アスターティの教えによって、俺は演奏技術を取り戻し、さらに技術が上達していった。
 この曲は、アスターティがこの劇のために書き下ろしたものだ。
 そのアスターティ演じる緋奈。彼女が再び現れ、歌う。そして、俺も彼女を追って歌う。
 果心と緋奈…俺とアスターティは共に歌い、物語は幕を閉じた。
 カーテンコール。手応えがあった。俺たちは盛大な喝采を浴びた。

「全く、大した奴だよお前は!」
 ドクター・マツナガとユエ先生が楽屋を訪ねてきた。さらに、久しぶりに会う人間がいた。
 ランスロット・ファルケンバーグ。
 長い間、俺の「不実」を許さなかった潔癖な男。そいつが俺の芝居を観に来てくれたのだ。
「ランス、観に来てくれてありがとう」
 ランスは、やや困惑気味に答えた。
「フォースタス、俺は長い間お前を許せなかったけど、見直したよ。俺こそ、余計な意地を張ってしまって申し訳ない」
「ごめん、ランス。本当にありがとう」
 それから約一か月、劇場の観客席は常に満員御礼だった。ランスもドクターも何度か観に来てくれた。閉幕後、二人は楽屋に差し入れを持ってきてくれた。
 そして、舞台版『ファウストの聖杯』は無事に全ての公演を終えた。その評判のおかげで、俺は本業でも徐々に失地回復していける可能性が高まった。