友よ

 アヴァロン島南部、南アヴァロン湾には海水浴場がある。今のアヴァロンビーチは海水浴客たちで賑わっているが、かつてはフォースタス・マツナガ博士の初恋相手が海に還った場所だった。
 恋も花開けば、愛も実る。無邪気な子供たちが駆け回る様を、微笑ましく見守る男がいる。そう、フォースタス・マツナガだ。
「フラッペを買ってきたわよ」
「おう、ありがとう」
 長い銀髪をまとめ、大物女優がかぶりそうな形の麦わら帽子をかぶり、オレンジ色の地に大胆な花柄が描かれたマキシ丈ワンピースを着た女が来た。首元にはターコイズのネックレスが飾られている。手首にもターコイズを連ねたブレスレットがある。ジェラルディン・ゲイナーだ。彼女はエスニック調のショルダーバッグを斜めに掛けており、似たような雰囲気のサンダルを履いている。そして、フォースタスとジェラルディンは貴重な休暇を味わっている。
 フォースタスはかつての恋人ヒナ・マツナガの墓参りに行ったが、用事を済ませてから現在の恋人と合流した。さすがに、今の恋人をかつての恋人と引き合わせる気にはなれない。
 多分、ヒナ自身は何の未練も嫉妬もなく、かつての恋人の新たな幸せに安心するだろう。少なくとも、ヒナは陰気な未練がましさとは無縁な性格の女であり、フォースタスはそんな彼女に惹かれたのだ。そして、今、彼の隣りにいる女もまた、男に対して重苦しく依存する女ではない。

「Get It On」

 かつての地球にいたロックバンド、T-REXのカヴァー曲だ。アスターティ・フォーチュンと同じく邯鄲ドリームに所属するバンドの演奏だ。
 アヴァロンビーチから少し離れた丘に墓地がある。ヒナ・マツナガの墓はそこにあるが、この墓地にはもう一人の「運命の女」が眠っている。



「ライラ。いくら謝ってもまだ足りないだろう」
 アーサー・ユエは、亡き妻ライラの墓前でつぶやく。
「僕の事は許さなくていい。だけど、フォースタスは責めないでくれよ」
 墓石には白い百合の花が置かれている。アーサーは墓地を去り、車を走らせた。
 8月の暑さ。しかし、風が暑さを和らげてくれる。
 ただの友達。かつてはそう思っていた。しかし、違っていた。
 ミサト・カグラザカ・チャオ。「坊主ラッド」フォースタス・チャオの母。
 ミサトにとって自分は単なるクラスメイトで友達に過ぎなかったし、自分もそう思っていた。しかし、自分の本当の気持ちに気づいた時には、彼女は他の男と結ばれていた。
 フォースタス・チャオは自分の恋敵だった男の息子。しかし、同時に自分が密かに恋焦がれていた女の息子でもある。
「ミサト。今さら君に告白するつもりはない。あの頃の僕の思いはあくまでも過去なのだから」
 アーサーは思う。いずれはフォースタスと一緒にライラの墓参りに行こう。
 そう、例の芝居が無事に成功してから。

「しかし、アスターティも大変だよね。お芝居の仕事と受験勉強の両立」
 ルシール・ランスロットとフォースティン・ゲイナーは、オープンカフェでおしゃべりをしている。
「まあ、あたしは大学に進学はしないけど、あんたは進学するんでしょ、フォースティン?」
「うん、アヴァロン美大にね」
「あたしはアルバイトをしながらバンド活動をするけど、いずれはプロデビューしたいね」
 ルシールは、アイスカフェラテを飲み干した。フォースティンは言う。
「そのアスターティが出る劇、一緒に観に行かない?」
「アスターティの?」
「あの人の彼氏も出るの。マリリン姉さんがチケットをくれたんだけど」
「ああ、あんたの姉ちゃんのバンド、何度かあの人と共演してるもんね」

「なぁ、そろそろ許してやってくれないか? 現にユエ先生があいつを許してるじゃないか?」
 セントラルパークの近くのバーで、スコット・ガルヴァーニはランス・ファルケンバーグに頼む。ランスはしばらく黙ってから答える。
「…まあな。俺も意地を張りすぎたよ。例の劇のチケット、ありがたく受け取らせてもらうよ」
「ありがとう、ランス。俺も嬉しいよ」
 ランスは苦笑いした。
「俺も、あいつと仲直りするきっかけがほしかったんだ。だけど、自分の仕事の忙しさなどを理由に逃げ回っていたんだ。あいつだけが情けないんじゃない。俺はガキの頃から強情な奴だけど、さすがにいつまでも突っ張っている訳にはいかないな」
「そうだな。健闘を祈るよ、新進気鋭の弁護士さん」
 スコットは微笑んだ。その顔には役目を果たした安心感が表れている。
 フォースタス・チャオ主演の演劇『ファウストの聖杯』は、秋に上演される。これは少なからず話題になっていた。ちょっと前のフォースタスのスキャンダルだけではない。「歌姫」アスターティ・フォーチュンがヒロインを演じるのも話題になっていた。
 そして、この二人の「熱愛」も注目の的になっていた。