フォースタス・チャオの周辺

《年齢は、物語開始の時点です》

 フォースタス・ショウタ・チャオ(Faustus Shota Chao)…新進気鋭の小説家。24歳。恩師アーサー・ユエの妻ライラと不倫関係に陥ってしまう。

 アスターティ・フォーチュン(Astarte Fortune)…ミュージシャンデビューを目指す少女。14歳。フォースタスの婚約者。実は人造人間「バール(baal)」であり、人類とバールたちとの「融合」のために、二人の縁組が決められた。

 メフィスト(Mephisto)…アガルタのサイボーグ犬。オスのミニチュアブルテリア。フォースタスとアスターティのお目付け役。

 ヴィクター・アーヴィング・チャオ(Victor Irving "Vic" Chao)…フォースタスの弟。放送作家志望の大学生。22歳。愛称は「ヴィック」。後の「邯鄲ドリーム」社長。

 アイヴァン・ブラッドリー・チャオ(Ivan Bradley Chao)…ヴィクターとミナの息子。

 アーサー・ナサニエル・ユエ(Arthur Nathaniel "Art" Yue)…大学教授。フォースタスの恩師。54歳。愛称は「アート」。フォースタスを赤ん坊の頃から見守っていた。ライラの死後、フォースタスの元恋人リジー・バーデンと再婚する。

 シリル・ハーキュリーズ・チャオ(Cyril Hercules Chao)…邯鄲ホールディングスの会長。62歳。ミサトの夫で、フォースタス・チャオの父親。

 ミサト・カグラザカ・チャオ(Misato Kagurazaka "Misa" Chao)…フォースタスとヴィクターの母。54歳。理学博士。アガルタの科学者の一人。アスターティが人工子宮の中にいた頃から、彼女を見守っていた。

 ルシール・アイシャ・チャオ(Lucille Aisha "Lu" Chao)…フォースタスの姉。26歳。産婦人科医。母ミサトと共にアガルタに所属する。愛称は「ルー」。

 ケイトリン・オコナー・チャオ(Caitlin O'Connor Chao)…大御所作家。シリルの母で、フォースタスとヴィクターの祖母。90歳。

 ライラ・ベラ・ハッチェンス(Lailah Bella Hutchence)…アーサー・ユエの妻。画家。45歳。妖艶な黒髪美女。夫の教え子フォースタスを誘惑し、不倫関係になる。

 マーカス・アレクシス・ユエ(Marcus Alexis "Marc" Yue)…アーサーとライラの息子。14歳。愛称は「マーク」。アスターティのクラスメイト。母とフォースタスの関係に憤る。

 フォースタス・ヒサヒデ・マツナガ(Faustus Hisahide Matsunaga)…アガルタの研究者の一人。実年齢は78歳だが、ずっと若々しい(50歳近くに見える)。同じ名前のフォースタス・チャオを「坊主(lad)」と呼ぶ。実は、宇宙移民船アヴァロン号に搭載されていたスーパーコンピューターの中の人工知能の一部を「人格」として移植されたバール。愛称は「ヒサ」または「ダンジョー(弾正)」。かつてはアヴァロン連邦宇宙軍の軍医として外界にいた。

 マーシャ・ロザリー・ウキタ(Mercia Rosalie Ukita)…アガルタの所長。理学博士。ウキタ(宇喜多)家の長女は代々「Mercia」というファーストネームを名乗る。

 マーシャ・カトリーナ・ウキタ(Mercia Katrina "Katy" Ukita)…ロザリー・ウキタの娘。医学博士。アガルタの研究者の一人。母と同じファーストネームゆえに、ミドルネームの愛称形「ケイティ」と呼ばれる。

 リチャード・ガレス・タヌキコウジ(Richard Gareth "Ritchie" Tanukikoji)…愛称はリッチー。アガルタの実験動物棟に勤務する日系人獣医師。

 シャン・ヤン/ヤン・ライカーガス・シャン(Shang Yang/Yang Lycurgus Shang)…漢字表記は「商鞅しょう おう」。大統領のSP。東アジア系男性型バール。身長180cm。二丁拳銃の使い手。

 シャンゴ・ジェローム(Shango Jerome)…大統領のSP。アフリカ系(黒人)男性型バール。身長200cm。柔道の黒帯所持者。

 ミヨン・ムーン・ヴィスコンティ(Miyoung Moon Visconti)…芸能事務所「邯鄲ドリーム」の社長(後に社長の地位をヴィクターに譲り、アスターティのマネジメントに専念する)。55歳。アスターティの里親。ヴィクターの親友ブライアンの母。ミサトの幼なじみで親友。

 カーミナ・ステラ・ヴィスコンティ(Carmina Stella "Mina" Visconti)…愛称はミナ。ミヨンの娘で、ブライアンの姉。ヴィクターの恋人で、後に彼と結婚し、「邯鄲ドリーム」の副社長となる。ヴィクターより4歳(フォースタスより2歳)年上(318年生まれ)。26歳。

 ブライアン・ルーク・ヴィスコンティ(Bryan Luke Visconti)…ミヨンの息子。ミナ(カーミナ)の弟。22歳。フォースタスとヴィクターの幼なじみ。ヴィクターと同じ大学に通っている。

 ランスロット・アラスター・ファルケンバーグ(Lancelot Alastor "Lance" Falkenburg)…フォースタスの幼なじみで親友。22歳。法科大学院生。七人兄弟の長男。

 ロビン・ジェイ・ファルケンバーグ(Robin Jay Falkenburg)…ランスのすぐ下の弟。20歳。新進気鋭のプロボクサー。

 マイケル・クリシュナ・ランバート(Michael Krishna "Mick" Lambert)…愛称はミック。ミステリー作家。フォースタス・チャオの大学時代からの友人。老け専のゲイで、フォースタス・マツナガに一目惚れしてしまう。

 ヘレナ・サラ・ウォーターズ(Helena Sara Waters)…フォースタスの初恋相手の少女。14歳で大事故に巻き込まれて亡くなったが、アスターティによく似た美少女だった。

 エリザベス・サラ・バーデン(Elizabeth Sara "Lizzie" Burden)…愛称は「リジー」。フォースタスの大学時代の恋人。24歳。後にアーサー・ユエと結婚する。

 アナベラ・ティアラ・ユエ(Annabella Tiara Yue)…アーサー・ユエとリジー・バーデン・ユエの娘。マークの異母妹。

 バーナード・キース・ルーシェ(Bernard Keith Loussier)…マロリー法律事務所に所属する男性弁護士。

 ジェイソン・イーサン・マロリー(Jason Ethan Malory)…マロリー三兄弟(いずれも黒人男性である)の長男。ボクシングの元チャンピオンで、現在ボクシングジムのオーナーである。

 リチャード・オーガスト・マロリー(Richard August Malory)…弁護士。マロリー法律事務所の所長で、ランスのボスとなる。アーサーの古くからの知人であり、さらにフォースタス・チャオやランス・ファルケンバーグを子供の頃からかわいがっていた。

 ルドルフ・アルバート・マロリー(Rudolf Albert Malory)…数学者。アヴァロン大学理学部数学科で教鞭をとっている。

 ロクサーヌ・ゴールド・ダイアモンド(Roxanne Gold Diamond)…愛称はロクシー(Roxy)またはRGD。シルヴァーからは「ゴールド」と呼ばれる。大人気の女優兼歌手。アスターティをライバル視する。「不遇な環境で育った人間女性」という偽の記憶と人格を植え付けられた民間企業製バール。

 ロクサーヌ・シルヴァー・ダイアモンド(Roxanne Silver Diamond)…ロクサーヌ・ゴールドの付き人の黒人女性。ロクシーからは「シルヴァー」と呼ばれる。実は、彼女こそが「ゴールド」ロクシーの「歌声」であり、唯一の親友である…という事になっている。

 グロリアーナ・デ・コンポステーラ(Gloriana de Compostela)…ベテラン名司会者。愛称はマダム・コンピー(Madame Compee)。ドラァグクイーンのような装いの女性。猫好きで甘党。

 シャホウ・レイ/アイヴァン・レイ・シャホウ(Xiahou Lei/Ivan Lei Xiahou)…漢字表記は「夏侯雷かこう らい」。アヴァロン大学医学部の学生。24歳。フォースタス・チャオの中学時代のクラスメイト。実はマフィア〈聖杯幇(せいはいほう/シェンペイパン)〉の御曹司で、後の「リリス・グレイル」社の社長。

 ミリアム・ダイアナ・シャホウ・アルメイダ(Myriam Diana Xiahou Almeida)…シャホウ・レイの異母姉。中国語名は「夏侯嫦娥かこう じょうが(Xiahou Chang'e)」。35歳。〈聖杯幇〉の幹部の一人の妻。

 ホレイショ・ハーパー・トラン(Horatio Harper Tran)…アヴァロン大学法学部の学生。21歳。〈聖杯幇〉幹部の息子であり、シャホウ・レイの舎弟である。

 スコット・ギャヴィン・ガルヴァーニ(Scott Gavin Galvani)…フォースタスとランスの同年輩の友人。劇団「シャーウッド・フォレスト」の主催者。フォースティンの恋人。いわゆる肉食系男子。

 ナターシャ・ダイナ・パーシヴァル(Natasha Dinah "Nat" Perceval)…シャーウッド・フォレストの看板女優にして演出家。黒人女性。フォースタスとスコットとは大学の同期で、友人。基本的に聡明な女性だが、策士策に溺れる面もあるテキトー人間。

 ジェラルディン・ローズ・ゲイナー(Geraldine Rose "Jerrie" Gaynor)…女性内科医。アヴァロン大学医学部卒業。父親から受け継いだクリニックの院長となる。三姉妹の長女。318年生まれ、27歳。フォースタス・マツナガと恋仲になる。

 マリリン・リリー・ゲイナー(Marilyn Lily Gaynor)…ロック歌手。バンド〈フローピンク・アップルズ(Fluopink Apples)〉のリーダーでヴォーカリスト。ゲイナー三姉妹の次女。322年生まれ、23歳。

 フォースティン・デイジー・ゲイナー(Faustine Daisy Gaynor)…ゲイナー三姉妹の末娘。13歳。内気な草食系女子。331年生まれ(アスターティより一学年下)。

 ルシール・ララ・ランスロット(Lucille Lara Lancelot)…フォースティンの幼なじみ。13歳。校内の軽音楽部でロックバンド〈アヴァロンシティ・ドールズ(Avaloncity Dolls)〉のリーダー(ヴォーカルとギター)。日系8世の強気なオテンバ。331年生まれ(アスターティより一学年下)。

 プレスター・ジョン・ホリデイ(Prester John Holliday)…ソーニア(Thornia)州知事。カルト教団〈ジ・オ〉並びにその政治部門である政党〈神の塔〉を後ろ盾とする人物。元弁護士。一見精力的な男前の人物である。

 ヒナ・アスターティ・マツナガ(Hina Astarte Matsunaga)…フォースタス・マツナガの初恋相手の女性。フォースタスとは同姓だが、バールであるフォースタスとの血縁関係はない孤児。フォースタスの医学生時代の一年先輩の日系人。艶やかな黒髪となめらかな白い肌が可憐で蠱惑的な美女。フォースタスと同棲していたが、デート中に、海で溺れる子供を助けようとして溺死した。

 アーサー・フォースタス・フォーチュン(Arthur Faustus Fortune)…アヴァロン連邦初代大統領。地球連邦の圧政から植民惑星アヴァロンを解放した英雄にして清廉なる「国父」。

 エスター・ナナ・フォーチュン(Esther Nana Fortune)…アーサー・フォーチュンの妻。初代大統領夫人。元看護師だが、実はバールだったという説がある。その説によると、彼女の本名は「アスターティ」だったとされる。

 なお、当シリーズにおいては、中国系の人名のアルファベット表記はピンインとウェード式が混在しているが、フォースタスらチャオ(趙)家の苗字のアルファベット表記はウェード式である。さらに、これからはスラヴ系の名前の人物も出てくるだろうが、スラヴ系の苗字は男女で語尾が違う(例えば、カラシニコフの女性形は「カラシニコワ」だ)。しかし、遠い未来の植民惑星「アヴァロン」では、公用語が英語になっている関係上、この辺の法則があやふやになっている。
 それゆえ、アヴァロン連邦ではスラヴ系の苗字の語尾はだいたい男女の違いはないようになっている。さらに、この時代の公用語である英語も、現代とは色々と違いがあるようだ。例えば、日本語の「様」や「さん」に相当する男女兼用の敬称として使われる名詞などがある。