「麗しの君子」楽毅

 クレマチスの花言葉は「高潔」と「企み」だという。この相反するかのような二つの花言葉は、ある人物を連想させる。
 三国志の諸葛亮が尊敬していた人物の一人である燕の将軍、楽毅である。

 中国の戦国時代で「戦国七雄」に数えられる国の一つに燕があるが、この国はお家騒動に隣国・斉の侵略がかぶさり、メチャクチャにされた。そのメチャクチャの後に即位した昭王の臣下に、「まず隗より始めよ」の郭隗かく かいがいた。この郭隗の「私程度の人材を優遇すれば、もっと優秀な人材が仕官してきますよ」という進言の最大の成果が、我らがヒーロー楽毅の仕官だった。というか、楽毅以外の人材がほとんど目立たないので、秦の孝公が商鞅しょう おうを「一本釣り」したのとあまり大差ない気がする。
 楽毅は小国中山ちゅうざんの出身だったが、先祖は魏の将軍楽羊だった。楽羊は「あの」呉起と同じく文侯に仕えていたが、中山国攻略の際に敵に自分の息子を殺されてスープにされてしまった。楽羊は魏国への忠誠を示すために、あえてそのスープを飲んで中山軍を破ったが、他の重臣に「我が子を殺されて食うような奴などろくなもんじゃないですよ」と讒言され、敬遠されるようになった。そんな楽羊の子孫が中山国に居着き、楽毅が生まれた。
 楽毅は中山滅亡後、一旦趙に仕え、さらに魏に行ったが、燕の人材募集を知り、仕官しに行った(『戦国策』には趙の武霊王に仕えて何やら進言していた話があるが、よく分からん)。燕の昭王は、この知勇兼備で志操堅固で焼肉定食な人材(「焼肉定食」は余計だ)がやって来たのを喜び、高位に就けた。

「楽君、我が国の敵である斉を討ちたいのだが、どうすれば良いのかな?」
「まずは、他国との同盟です。多国籍軍であの国をシバきましょう」

 昭王は楽毅を大将軍に任命し、趙の恵文王は楽毅に宰相の印綬を授けたのだが、なして趙王が外国人の楽毅に宰相の印綬を? まあ、斉の孟嘗君が秦の宰相になった先例があるが、その孟嘗君は一応主君である斉の湣王びんおうを内心見捨てていたようだ。
 楽毅は燕・趙・韓・魏・楚の連合軍を率いて斉に攻め込んだ。首都の臨淄りんしを占領し、後は二つの城を平らげるだけだったが、主君の昭王が亡くなり、それに乗じた斉の将軍田単の策略により、楽毅は失脚して趙に亡命した。

 昭王の跡を継いだ恵王は、使者を通じて楽毅を責めたり弁解したりなどしたが、それに対する楽毅の返事の手紙が後世の彼の評価を高めた。曹操や諸葛亮が楽毅ファンになったのは、彼の「真心」に感動したからである。
 しかし、ひねくれ者の私は思う。この人、後世の評価を意識して問題の手紙を書いたのではなかろうか? 自らの賢明さと恵王の暗愚さをアピールするためにこそ、あの手紙を書いたのではなかろうか?

 そんな「計算高い君子」楽毅の手紙と比べると、マロリー『アーサー王の死』でのガーウェインのランスロット宛の手紙は素直に感動出来る。というか、ランスロットみたいな野郎がアーサー王相手に楽毅気取りの手紙なんぞ書いて送ったら、それこそ「盗っ人猛々しい」事態である。