武装する女

 湯山玲子氏の『女装する女』(新潮新書)に、面白いエピソードがある。
 あるテレビ局に勤務する女性プロデューサーは、芸能事務所ともめた時に交渉する際に、高級ブランドの品々をしっかりと身に着けて出向くという。なぜか?
 もめ事の交渉とは、相手に弱みを見せると極めて不利だ。ましてや、このエピソードの主役は「女性の勤め人」である点がハンディキャップである。下手に泣き落としなんぞしても、ますます「無理ゲー」である。ちなみに「無理ゲー」とは、何らかの不利な状況を「攻略するのが無理なゲーム」になぞらえる若者言葉だが、その「無理ゲー」攻略のための装備として、頭から爪先まで高価で派手なブランドアイテムを身に着けて戦場に赴くのである。
 件の女性プロデューサー曰く、この装備はヤクザの入れ墨のようなこけおどしとして有効であり、さらに、高級ホテルのラウンジを打ち合わせ場所に指定する事で、相手を気後れさせる効果を狙っているのだ。

 なるほど、あっぱれな「名将」である。

 しかし、問題の女性プロデューサー氏のエピソードとは逆方向の「武装(?)」で成功した人物がいる。中国春秋時代の斉の宰相晏嬰あん えいは質素倹約の暮らしをしていた。現代の政治家だと、ウルグアイのホセ・ムヒカ元大統領が「現代の晏嬰」である。この二人の質素倹約ぶりは、当人たちが男性だからこそ有効だったのではないかと思う。
 女性の有力者が晏嬰やムヒカ氏のように質素倹約をアピールしても、「清廉潔白」よりもむしろ「ひ弱な」イメージが出来上がってしまう恐れがある。いわゆる「婚活」をする女性ならば、男性に対して(いや、同性婚が認められている国もあるが)質素倹約をアピールするのは有効だろう。しかし、「男勝りな」活躍をする必要がある立場の女性だと対戦相手になめられてしまう恐れがある。相手を威圧するためにこそ、戦う女は「武装」するのだ。