リカちゃんは何を見ているのか?

 リカちゃんとは日本を代表する着せ替え人形である。何しろ、お人形について全く知らない人がリカちゃんとは全く違うタイプの着せ替え人形をも「リカちゃん」と一括にするくらいだ。ちょっと前の一部中高年者が家庭用ゲーム機を全て「ファミコン」と呼んでいたようなものである。

 1967年に生まれた初代リカちゃんは漫画家の牧美也子氏が顔のデザインを手がけたものである。当時の少女漫画のヒロインみたいな顔立ちだが、皮肉な事に現在流通している4代目リカちゃんの目の描き方が一番昔の少女漫画に近いものである。牧氏のデザインによる初代リカちゃんの目の描き込みは案外シンプルなものだ。
 リカちゃんはバービーとは色々な面で対照的だ。バービーが十代後半から二十代の「自立した」女性のイメージで作られているのに対して、リカちゃんは両親や祖父母に守られて幸せな子供時代を満喫する女子小学生だ。バービーが少女たちの「理想の未来」を表すのに対して、リカちゃんは「理想の今」を表すのだろう。バービーが「早く大人になりたい」という願望を引き出すのに対して、リカちゃんは幸せな家庭の下での「安定」を表している。リカちゃんとは儒教文化圏の「家族の秩序」と母系社会的な「包容力」が混ぜ合わさった「ぬくもり」の中で生きている永遠の少女なのだ。

 さて、前述の通りリカちゃんの目は昔の少女漫画のようなキラキラした目で描かれている。そして、瞳が正面を向かずに流し目になっている。バービーのように写実的な目の描き方ではない。少女漫画的な目を持つのは元々「和製バービー」として発売されたジェニーも同じだが、ジェニーの目はリカちゃんとは違って真っすぐ向いているし、フレンドドールたちの中にはある程度写実的な目の描き方の者もいる(代表例がシオンだが、彼女は主に大人の人形ファンに支持されているようだ)。実際の少女漫画の絵柄は昔とはずいぶんと変わっているのに、なぜリカちゃんとジェニーの目は昔の少女漫画のようなのか?
 おそらく日本の小さな女の子たちにとっては、バービーのように写実的な目の描き方はおっかないのだろう。ただでさえ、日本人形などのリアリティのある造形の人形は人を怖がらせる。あまりにも写実的だとおっかないのだ(どこかで聞いた話だが、中国美術が長い間写実主義を避けていたのは、秦の兵馬俑が秦の圧政を連想させたからだという)。リカちゃんの目が表すものはYahoo!知恵袋のこの回答がヒントになるだろう。華やかさのある大きさがありつつ、それでいてリアルで生々しい視線を感じにくい目として、昔の日本の少女漫画や着せ替え人形がデザインされたのだ。